+31万円 2019年3月4日~8日の週間損益。ユーロとポンドで死にそう、、。

112円がやたら重かったドル円ですが、週末にかけてユーロ圏や中国の景気悪化懸念やダウの弱含み、さらに雇用統計は平均時給が上がったものの非農業部門雇用者数が2万人と予想の18万人を大きく下回ったことを受け、リスクオフで一時111円を切る所まで下げました。

ポンドもブレグジット関係のヘッドラインで大きく下げており、激動の1週間。そして来週もイベント目白押しで大きく動くことが予想されます。


 2019年3月8日の保有ポジションと含み損益 

■FX ループイフダン(DMM.com証券)

 ・ドル円「手動ループイフダン」売り、1円幅、10万通貨単位
   現在保有ポジション 合計60万通貨
   111.3 10万通貨
   110.3 10万通貨
   109.3 10万通貨
   108.3 10万通貨
   107.3 10万通貨
   105.3 10万通貨
 
 
■FX 裁量トレード(DMM.com証券
 ・ドル円ナンピン買い、平均111.55、40万通貨
 ・ユロドルナンピン買い、平均1.14325、30万通貨
 ・ユロドルナンピン売り、平均1.12674、40万通貨
 ・ポンドドルナンピン買い、平均1.321、20万通貨
 ・ポン円ナンピン買い、平均146.8、20万通貨
 
 
含み損益合計:-3,492,266円(急増に焦り、、金額的にはまだ序の口!?)
 
 
ドル円は112円が非常に重かったので持っていたドル買いを一旦切り、ほぼ同値で買い戻した状態です。
ユロドルはECBでの年内の利上げ断念と銀行への新たな資金供給策などを受けて急落。昨年末から死守されてきた1.12を割ったことから当分下落トレンドと判断し、売りの割合を増やして長期保有して最終的に買いの損失をチャラにしようという(無茶な)作戦に変更中。
 
ユーロも中々ですが、一番やばいのがポンドです。
日足でいい感じに上昇していたので買いで入ったら数日後から瀑下げ!粘ってナンピンしておりますが、来週のイベント次第ではさらに下落する可能性も少なくなさそう。ヤバイ、、?
 

 2019年3月4日~8日の週間損益のループイフダンとFX裁量トレードの損益 

DMM約定履歴・今週分

今週は+314,000円でした。メインのつもりのドル円の手動ループイフダンの売りは年始のフラッシュ・クラッシュ以降全く利益を得られておりません。リスクオフでも想像以上に買われない円。少なくともしばらくはドル買いをかなり積極的に入れていかないと「手動ループイフダンの売り」はどんどん厳しい状況になりそうな流れです。

 2019年の損益と含み損益の推移 

ループイフダンの恐ろしき含み損とそれでも利益をあげられる(予定の)仕組みを可視化するため、毎週グラフを作ることにしました!

今週は31万円利益があったのですが、一方で含み損が100万円も増えております、、。ドル円の含み損はあまり変化ないので、これは主にユーロとポンドの影響です。気分的には結構ピンチな気がしておりますが、果たしてこのピンチを上手いこと乗り切ってチャンスへと変えられるのだろうか!?

生き延びたい (-_-)!