+2.7万円 2020年2月3~7日の週間損益。ポンド、危険な含み損 & BTCの半減期はいつ?

貿易交渉に関するボリス英首相の瀬戸際外交でポンドが暴落しております。EU側もMiDifの改定を目論んでいるとの報道がこれに拍車をかけました。米株式市場はコロナウイルス騒動を消化して最高値を更新、雇用統計もまずまずでした。一方で増え続ける感染者の報道でオージーやキウイは下値を模索している状況が続いており、不安定な状況は未だ継続中と考えられます。

マイナススワップが低くてドル売りに最適!FXには欠かせないTochiのメイン口座です。DMM FX

 FX裁量トレードの週間損益 

DMM FX、約定履歴

+26,822円。単なるポジション調整のみでした。

今週は先週同様、日替わりでリスクオン・オフが入れ替わるような状況に翻弄され、逆張りばかりで全く利益にならず。まあ、こんなときもあるある。キツイ!

 重要な経済指標と作戦 

コロナウイルスは患者数こそ多いもののSARSなどと比べて死亡率が大幅に低い様です。しかし患者数も死傷者数も増加の一途で一向に収束する気配が見えないのが気になるところ。やや過剰気味に不安を煽る報道も続いていることから来週以降も報ヘッドライン次第で再びリスクオフになる可能性が十分に考えられます。来週の指標は以下。

2/11(火)18:30 英・GDP

2/12(水)10:00 新・RBNZ金利政策

2/13(木)22:30 米・コアCPI

2/14(金)16:00 独・GDP

    22:30 米・小売売上高

特に英の指標が悪ければ絶好の売り材料になりそう。仮に良くてもメインテーマが貿易交渉に移っているので上値は重たいか。ロングを沢山持っているので含み損の増え方がヤバイ。長期的には上昇を見込むも当分は下値を模索しそうなのでショートも入れた両建てで小銭拾い予定。

オージーやキウイはコロナ次第。コロナが落ち着けば回復しそうなので突込み売も怖いものの、ここまで拡大してしまった以上、中国経済の減速は避けられそうもない。悩ましいところだがある程度下げたらショートポジションを解消し、後はロングメインでひたすら耐える!ある程度の”程度”が超むずい!

米株CFDはコロナでもう一波乱あれば押し目あるのみ!

 BTCの半減期はいつ? 

年始からBTCが急騰中。これは今年の4~5月頃とされる半減期に向けた上昇期待から買われているものと考えられます。セルザファクトを避けるため半減期前に一旦利確したいので半減期の詳細な日時を調べました。

BTCの半減期までのカウントダウン(20.2.8.23:00現在)

https://www.binance.vision/ja/halving

今の所5月初旬の予定です。半減期期待で価格が上がるというのも妙な話で、過去2回は価格の上昇は半減期から1年以上も後の話です。よって現在の上昇が半減期を折り込みに行く動きなのか、単にコロナ騒動で上げているだけなのかは謎。コロナが落ち着いて下げ始めたら逃げもありかも。

 2020年の損益と含み損益の推移 

FXの恐ろしき含み損とそれでも利益をあげられる(予定の)仕組みを可視化するため、2019年からグラフを作ることにしました。グラフの数字の単位は千円で、FXの裁量トレードのみの結果です。MT4 EA、IPO、米国株、BTC、CFDなど他の投資損益は別途、PC版ブログのサイドバーに公開しております。

いよいよ含み損が急増し始めました!久しぶりなのでバクバクしますが、まあこれまでと比べたら序の口レベルです。貿易交渉の状況からしてまだまだ増えそうですが、利益さえ確保できれば何とかなるはず!(願望)ちなみに2019年は以下。

年始から300万近くの含み損を抱え、解消できないまま年末まで行ってしまったので節税のために切りました。それだけ損切ってもなお500万円ほどは利益が出たので2019年は大成功の部類です!それもこれも前年の大損の反省から年始に始めたメルマガのおかげ!声を大にして言いたい!「ありがとーーーーーーーっ!!」(p.s. 今年もヨローーー!!!)

↓ Tochiが売買で一番参考にしているのはコチラのメルマガ。動きの有る通貨ペアで積極的に取引するためには個人では入手困難なプロの情報が欠かせないと判断して購読しています。無料お試し期間が10日間あるので是非一度お試しあれ!

西原宏一のシンプルFXトレード