+8万円 2020年9月第1週の損益。ナスダックバブル崩壊をモロに被弾で瀕死、、

Nasdaq、日足。木曜日、何も無いのにナスダックを中心に米株が崩壊(-4.96%)!金曜日も巻き返すこと無く、下げて終わりました(-1.27%、一時 -5%以上!)。何とコロナ禍の3月以来の下げ幅を記録しました!

流石にコロナ前から170%を超える上昇と(黄色の横線、フィボナッチ・エクスパンション、161.8%)、完全にコロナバブル状態にあったので調整は必然ですが、単なる調整なのか、バブル崩壊へと繋がるのかは米国が月曜休みのため、火曜のNY市場の動きを見てみないことには何とも言えないところです。

そして、、9/2(水曜)、このNasdaqがピークの所で、TochiはNasdaq(QQQ)を全力ジャンピングキャッチ買い増しし、翌日からの暴落をモロに被弾しているという、、、(泣)

恐る恐る含み損益を確認してみたら数日前には5,000$以上あったはずの含み益が-6,000$近くになっとるんですけんど? (TдT) ダメー

肉も美味いがタレがヤバイ!「ふるさと納税」宮崎県産 豚肉3.7kgセット 15,000円

 暴落の要因は? 

様々な要因が言われておりますが、イマイチピンと来ないものばかり。個人的にありそうだと思えるのは以下です。

・ソフトバンクが40億ドル相当のコールオプションを購入。さらに、はるかに高い価格でコールオプションを売却した(約40億ドルのオプション契約でおよそ500億ドル相当のエクスポージャーが発生)
https://jp.wsj.com/articles/SB10837142715531234745304586611582877030342

但し、金額的にはこれでは説明できないのでソフトバンクはあくまで呼び水、ないしは他のヘッジファンドも追随した結果であろうと考えられます。

・ナスダック100指数の下落率は一時6%に達し、時価総額は約7300億ドル(77兆円)吹き飛んだ

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-04/QG3PJ6DWLU6M01

少し前からロビンフッドアプリにsecの調査云々が言われておりますが、個人は所詮単なる燃料に過ぎないのではないかと(#MeToo!)。まあざっくり言えば大口によるコロナバブルの利食い(調整)ですが、インパクトがでかいので更に下落(損切りの連鎖)の可能性の余地を充分に残したように見えます。

S&P500(VOO)、Nasdaq100(QQQ)、日足のMACDがデッドクロス(赤丸)!

実際にMACDはデッドクロス、RSIは買われすぎからの急降下で短期的にはとっても上値が重そう、、否、下がりそう、、。望みは長いお髭さんのみか。

こうなったら難航しているらしき追加経済対策と9/15・16のFOMC頼みです!

・米連銀総裁2人、今月のFOMCで金利ガイダンス更新する公算小

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-03/QG3NMBDWLU6E01

おお、おいっ!(T_T)

参考)ロビンフッドアプリを使ってトレードしている人の2日前と今日の様子

@alifarhat79, @kamada3

= 20.9.7追記 =

・ソフトバンクより大きな影響力を持つのは小口投資家で、1カ月でコールに400億ドルを支払っている

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-06/QG8V71DWRGG401

どうやらソフトバンクなどのヘッジファンドよりもむしろ個人のレバレッジを掛けたオプション取引が最近の米株バブルを引き起こし、そしてソフトバンクの利確(情報の意図的なリーク?)が暴落の口火を切った可能性がある様です。逃げ遅れた個人はまっ黒焦げですね、、。

 FX裁量トレードの週間損益 

DMM FX、約定履歴

+84,940円。今週は裁量トレードのみが約定しました。全てドル売り。株の下落でドル高が激しいですが、短期の調整は難しいので狙っておりません。中長期ではドル安だと思っているのでチャンスとばかりにドル売りポジションを積みましている最中です。

 2020年の損益と含み損益の推移 

FXの恐ろしき含み損とそれでも利益をあげられる(予定の)仕組みを可視化するため、2019年からグラフを作ることにしました。数字の単位は千円で、FXの手動ループイフダンと裁量トレードのみの結果です。MT4 EA、IPO、米国株、BTC、CFDなど他の投資損益は別途、PC版ブログのサイドバーに公開しております。

米国が大幅な利下げと金融緩和をしたことから3月からドル売りで仕掛けていたのですが、なかなか進まないドル安に我慢しきれず両建てにしたところで急激にドル安が進行、レスキュー不可能と判断し5月末に敢え無くロスカットになりました。

その後メインを裁量トレードから「豪ドルロングの手動ループイフダン」に変更し、最近ようやく豪ドルの動きが活性化し始めたことから少しづつ利益が出るようになってきました。裁量ではひたすらドル売り。先週は再びドル高が進行してますが、ここぞとばかりにナンピンしまくってます (;´Д`)/ 死なば米株諸共!

ちなみに2019年は以下。

年始から300万近くの含み損を抱え、解消できないまま年末まで行ってしまったので節税のために切りました。それだけ損切ってもなお500万円ほどは利益が出たので2019年は大成功の部類です!それもこれも前年の大損の反省から年始に始めたメルマガのおかげ!声を大にして言いたい!「ありがとーーーーーーーっ!!」(p.s. 今年もヨローーー!!!)

↓ Tochiが売買で一番参考にしているのはコチラのメルマガ。動きの有る通貨ペアで積極的に取引するためには個人では入手困難なプロの情報が欠かせないと判断して購読しています。無料お試し期間が10日間あるので是非一度お試しあれ!

西原宏一のシンプルFXトレード