+2万円 2021年3月1週の損益。米株暴落で含み損急増!辛たん・・

いやはや、何なんでしょうか、最近の米株ハイテク・グロースの急落。モロに直撃して激痛っす・・(泣)

マイナススワップが低くてドル売りに最適!FXには欠かせないTochiのメイン口座です。DMM FX

 FX裁量トレードの損益 

DMM、約定履歴、3月1週目

先週の損益は、、、合計+24,047円でした。計算を間違ってポジったポジションを切っただけです。その他のポジはポンドドル、豪ドル、豪円のロングですが米株の下落を受けて急落中でなかなか利益に繋がりません。まあ暫くは我慢の時のようです。

謎なのがドル円の急上昇。

コロナで政策金利差はなくなったので長期金利差の拡大を反映しているのか、さもなくば“日本売り”ということなのでしょうか。30年もGDPの成長が止まっているのだから当然といえば当然な気もしますが。

実際、日経は3万円を超えるような急上昇をしておりますが、日本株への海外勢の投資はほとんど増えている様子が有りません(下図)。日本株は日銀と年金による買い支えのみに依存している状況に変化はないようです。

通貨は勿論ですが円建て資産を持っているだけでどんどん目減りする状況は暫く続くのかも知れません。ビットコインでも買い増そうかなー。

 米株トーレードの損益 

現状は以下の様な運用をしています。

・SOXL(半導体ETFブル3倍)のループイフダン

・QQQ(ナスダックハイテクETF)の長期投資

TQQQ(ナスダックハイテクETFブル3倍)の短期投資

・FAS(金融ETFブル3倍)によるQQQの金利上昇ヘッジ

先週は海外のIB証券でTQQQ(ナスダックハイテクETFブル3倍)の購入を開始しました。将来的にはTQQQでもループイフダンをするつもりなのですが、海外への送金制限で本格稼働まで時間がかかるのでそれまでは余った日本円でビットコインを購入しています。えぇ、含み損です (T_T)

これによりポートフォリオは以下のように変化しました。

米株売買の推移(購入比率%)

SOXL LID1~3:半導体ETFブル3倍のループイフダン1~3、QQQ:ナスダックハイテクETF、FAS:金融ETFブル3倍、TQQQ:ナスダックハイテクETFブル3倍

今週は利確なし!ガンガン下げているのでガンガン買い増しをするだけです!含み損はどんどん膨らみますが、FXと違ってマイナスにはならないし、どうせいつかは戻すので(きっと・・)辛いですが耐えるのは容易です。どうせだったらフルインベストにしたいのでSOXLループイフダンがもう1つ約定する水準(最高値から -40%)までガッツリ下げてほしい!

 2021年の損益(含み損益)の推移 

FX・米株の恐ろしき含み損とそれでも利益をあげられる(予定の)仕組みを可視化するため、2019年からグラフを作っています。数字の単位は万円(米株は100$)で、FXの裁量トレードと米株のみの結果です。他の投資損益はPC版ブログのサイドバーにて公開中です!

この2週間で4万ドルくらい?米株の含み損が急上昇しております。手法的に含み損が簡単に10万ドルとかになる予定なのでこの程度なら・・・いや余裕で辛いですけどね (ΦωΦ)

FXは相変わらず冴えません。ドル円のロングもポジりたいのですが、最大3通貨ペア迄という鉄の掟に阻まれて指を加えて見ていることしかできません。

ちなみに2020年までは以下(裁量FXのみ、単位は千円)。

2020年はコロナ禍で米国が大幅な利下げと金融緩和をしたことから3月からドル売りで仕掛けていたのですが、なかなか進まないドル安に我慢しきれず両建てにしたところで急激にドル安が進行、レスキュー不可能と判断し5月末に敢え無く巨額ロスカットとなりました。その後は年末に進んだドル安で何とか利益を伸ばすことができました。

2019年は年始から300万近くの含み損を抱え、解消できないまま年末まで行ってしまったので節税のために損切り。それだけ損切ってもなお500万円ほどは利益が出たので大成功の部類です!それもこれも前年の大損の反省から年始に始めたメルマガのおかげ!声を大にして言いたい!「ありがとーーーーーーーっ!!」(p.s. 今年もヨローーー!!!)

↓ Tochiが売買で一番参考にしているのはコチラのメルマガ。動きの有る通貨ペアで積極的に取引するためには個人では入手困難なプロの情報が欠かせないと判断して購読しています。無料お試し期間が10日間あるので是非一度お試しあれ!

西原宏一のシンプルFXトレード