2016/10/2 来週の予想と指値 投機筋の円売りが来る?

2016/10/2 来週の予想と指値 投機筋の円売りが来る?

DSCN5268.jpg
参考までにFXプライムの「パット見テクニカル」を確認してみます。これは、過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測するテクニカル分析ツールです。

見る時間幅で結果が異なるので、過去1周間分のデータから今後1週間分のデータが推測できるように4時間足でサンプル&予測本数を30本と設定し、全通貨ペアを対象に形状比較を行いました。

ドル円の4時間足の結果です。
161002 patto
ほぼ一週間分の値動きの予想が赤の点線で示されておりますが、一致率は96%。高い!。月、火で少し下げてその後反転、102円中盤を目指す予想です。これ如何にもありそう!
次にOANDAの「外国為替注文書」を確認してみます。これはOANDA の顧客が保有する、未決済の注文とポジションの概要です。他の投資家の指値やポジションを確認できるので参考になります。

ドル円の土曜、朝7時の状況です。
161002 oan
ポジション的には下値では拮抗。上値でロングロングが多い。注文は下値でロング、上値でショートが多い。全体的に先週と殆ど変わっておりません。ただ、少し円安が進んだことを踏まえるとショートカバーが発生し易そうな状況です。

ついでにOANDA顧客の「先週の保有ポジションの推移」も見ています。
161002 oan2
週中で少しロングが増えましたが週末はもとに戻してこちらも先週とほぼ一緒。しかしロンガーが相変わらず多い!

次はFOREXの「シカゴ先物市場の円・建玉」です。これは実需ベースではなくいわゆる投機的とみなされる通貨取引の建て玉推移を1週間刻みで示したもので、火曜日の状況を週末に発表したものです。棒グラフが下に行くと円のロングがショートよりも多く、上に行くとロングよりもショートが多いことを意味します。
161002 saki
これはちょっと興味深いポジションになってきていますね。円が随分買われております。ピークに行くと反転することが多いですが、既にピーク付近。いつ急な円安が来てもおかしくない状況になってきました!

相変わらず個人投資家とヘッジファンドの建前が間逆なのが興味深いです。今度こそ個人投資家が利益を得る番なのか!?

次は個人的な予想です。
こちらはGMOクリック証券の「プラチナチャート」ドル円の8月以降の4時間足です。
161002 pre
上値と下値に線を引いてみると現在は長期的な下降トレンドの中で100円~104.5円位のレンジ相場の中にいることがわかります。意外に底堅く、上値も重いということでしょう。
ただ、今回はヘッジファンドやインターバンクの円買い建前がピーク付近ということを重視し、来週は何処かで円安の波が来ると予想します!

そこで、下がったら円買いで行きたいと思います。

既に102.8、101.3円の買いを持っておりますので、99.8円の買い指値を置きたいと思います。先週と一緒!更に含み損が増えるか、利益に化けるか、そろそろ正念場です ( ̄^ ̄)ゞ

"一本勝ち"のヒットメーカー、CYさんによる2018年の新作。本年勝率は何と100%、収益率40%!Tochiも早速運用開始!上がり3ハロン

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)