2016/10/30 来週の予想と指値 円安かも?でも様子見!

file9221271155520.jpg
参考までにFXプライムの「パット見テクニカル」を確認してみます。これは、過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測するテクニカル分析ツールです。

見る時間幅で結果が異なるので、過去1周間分のデータから今後1週間分のデータが推測できるように4時間足でサンプル&予測本数を30本と設定し、全通貨ペアを対象に形状比較を行いました。

ドル円の4時間足の結果です。
161030 pa
ほぼ一週間分の値動きの予想が赤の点線で示されておりますが、一致率は96%。かなり高いです!週末に向けて105円後半を目指すという予想です。

次はFOREXの「シカゴ先物市場の円・建玉」です。これは実需ベースではなくいわゆる投機的とみなされる通貨取引の建て玉推移を1週間刻みで示したもので、火曜日の状況を週末に発表したものです。棒グラフが下に行くと円のロングがショートよりも多く、上に行くとロングよりもショートが多いことを意味します。
161030 im
動いております!円が買い戻されました!ただし、これは火曜日の取引終了時点なので、105円付近まで行った後に104円まで急落した時のポジションです。その後、1.5円程円安が進み、105.5円をつけて、週末には1円程戻して取引を終了していますので、恐らく火曜日からはまた円が売られたものと思われます。

次は個人的な予想です。
こちらはGMOクリック証券の「プラチナチャート」ドル円の7月以降の8時間足です。
161030 pre
大きな視野で見ると99.5円~107.5円位のレンジ相場の中、狭い視野で見ると100円~104.5円位のレンジを上抜けた所にいることがわかります。こうなるとチャート的には上を目指しそうな感じに見えます。ただし、来週は雇用統計に大統領選挙の報道などが相まって方向性が全く読めません。

ただ、個人的には中長期的に円高方向という見立ては変わっておりませんので、この水準で買う気はしません。
よって来週は様子見!指値は置きません!

もし106円後半に行くようなら売りを考えますが、来週でそこまで行くかは懐疑的です (・Д・)ノ

気になるTweetを見つけちゃいました。やっぱ円高かも ( /ω)

個人の弱点であるプロの情報をリアルタイムで受け取れるメルマガ!無料お試し期間10日間!西原宏一のシンプルFXトレード

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)