+16万 ドル円はしばらく上な気がしてきた。ところでスワップポイントでメシは食えるのか?

本日はEAは動かず、「手動ループイフダン」が+10万、「MT4のスキャル」が+6万となかなかの稼ぎでした!損益のプラテンも目前です!(えっ、含み損?ナニソレ??)

今週はFOMCで利上げが決まりましたが、これまでの時のようにセルザファクトは起きず、むしろ翌日のNYで瀑上げといった反応になりました。そもそもFOMC前にセルザファクトをかなり織り込んでいた節があり、英国の選挙などでリスクオフになっていたのも込みで巻き戻したのかも知れませんが、量的緩和の縮小への具体的な言及や、ダウの高値維持も一役買ったのでしょう。

成行を眺めていて、結構“ドル強いな”という印象を持ちました。なお日銀は、、、。

 チャートチェック! 

さて、大切なのは今後ですが、現状の確認のためチャートを見てみました。ドル円の日足です。例によってOANDAの「Autochartist」にトレンドラインを引いてもらいました。114.3円からの直近の下降トレンド(細い白線)は上抜けております。また、底値のライン(青線)も微妙に上昇傾向200日移動平均線(青の細い線、赤丸の位置)も上抜けです。

個人的に気になったのは、114.3円のドル高はダマシになったので除いて考えると、年始からの下降トレンド(赤線)を微妙に上抜けつつあることです。

相変わらず指標が冴えませんので急激な上昇になるかどうかはわかりませんが、暫くはドル高傾向が続きそうな”気配”がします。そしてその後はもちろん反転。結局はトランプさんの政策次第なので減税の話がまとまるまでは結局下方向の大きな流れは継続と予想しております。

では、今回一時的なドル高の波が来るとしたら上値の目処は如何程か?わからないので「Autochartist」さんに聞いてみました。

どうやら113.5円位を見込んでいるようです。前回のダマシの時は115.6円と言っていてハズした(114.3円で反転)のを少しも反省していないようです。でもまあ今回はその位なら行っても不思議ではない局面に思えます。てか結局今年はレンジなのでしょうか。。。

 利子で食っていく? 

これまで1千万円は稼いでくれていたFXまでもが“4年目の正直”でマイナス損益に落ち込んでしまった今、やっぱりFXは難しいんじゃないか?疑惑が夜な夜な頭をよぎります。

何とか出来ないのか?

そんな中、ふと昔検討したアレ「FXスワップアービトラージ」が気になりました。FX業者間のスワップポイントの違いで儲ける手法です。今だとDMMで豪ドル円を売って、ヒロセで買うパターンで1万通貨あたり毎日+23円、100万通貨でやれば年間84万円にもなります!

証拠金はMAXレバなら200万通貨で700万くらい。でもこれだと即死なので2,000万にすれば証拠金維持率は300%くらい。まあこれくらいならストップロス入れて毎日しっかり管理していれば“ほぼほぼ”大丈夫でしょう。

で、2,000万も投資して84万じゃたった4 %ですね。ソーシャルレンディングよりは安全かもしれませんが、それなりのリスクと手間を取ってこれでは中々気乗りがしません。そもそも一日2,000円程度ならスキャルで一瞬で稼げます!(-_-)予定。

それ以前に84万じゃ国民年金と健康保険、市民税、住民税、雑所得、水道光熱くらい払ったら多分どら焼き1個分くらいしか残りません

2億あれば840万で凄くね!?って2億あったらリスク取ってまで稼がなくていいし。。無いし。。そもそもさすがにヒロセさんに解約されそうだし。

海外FXならハイレバだから証拠金少なくていいし余裕じゃね!?なんて誰でも思うようで、見事に禁止事項にされております。見つかったら口座凍結(=資金没収)です。とは言え、、まあ見つからないでしょうから恐らくは出来るでしょうが、そもそも海外FXに大金を入れて置く気にはなかなかなれません。

やっぱ「ビットコイン」か~ (´ε` )