アーリーリタイアの家計簿(5月分)。実のところは火の車!

アーリーリタイアの家計簿(5月分)。実のところは火の車!

アーリーリタイアすると一番心配なのはやはりお金です。我が家では、

 Puchi負担 家賃、公共料金(電気代)

 Tochi負担 食費、雑貨、公共料金(ネット、水道、ガス)

と、別々のお財布で家計を運用しております。

アーリーリタイアの家計簿(12~2月分)。お金が貯まりそう!?
アーリーリタイアしてしまうと心配なのはお金です。無くなる稼ぎ。生きて行けるのか? 「だって暇でしょうがないでしょ」と問答無用で家計大臣...

この為、Tochiに出来るのは食費と雑貨の目標金額、9万円を如何に安くまとめるかということです!さて、これまでの収支は、

 2017年12月分:合計90,630円

     1月分:合計95,730円

     2月分:合計90,541円

     3月分:合計91,344円

     4月分:合計86,727円

と概ね予定通りの出費に抑えることが出来ています。と、思っていたのですが実はこれが出費の全てではありません。家計には直接関係のない出費、例えば個人的な趣味や税金、奨学金の返済などは別途支払う必要があります。そこで今月の途中(5/20~)からですが、アーリーリタイヤ生活には一体いくら必要なのかを正しく把握するため、これらの出費も含めて計算することにしました。

すると、、、恐ろしい結果が、、、。

 5月の出費:合計154,936円 

計算してびっくりの15万円オーバーです!

これまでの計算では、医療費やFXの自動売買ソフトなどが個人的な支出として家計の支出から省かれていたので、全て合計すると以外なほど膨らむことがわかりました。

個別に見るとスーパー(食品)はほぼ変化なし、雑貨が増加した以外は大きな変動はありません。実際、先月までの会計方法であれば合計10万円強とやや目標の9万円をオーバーした程度です。

雑貨の増加は5月くらいからマリンスポーツや外泊用にAmazonから様々な品物を買いあさりまくっているのが主な原因です。しかしこの手の出費を余り抑えると楽しみまで減ってしまうので仕方ない出費だと考えています。まあ、細く長く生きるか、太く短く生きるか。この辺りはアーリーリタイヤをする以上、生き方の選択をする必要があるのかもしれません。

 その他の出費 

と、ここまでで出費が終了すればまだマシなのですが、実はまだまだ他にもあります。

 ・奨学金の返済

 ・所得税、住民税

 ・健康保険、年金

350万円 アーリーリタイア1年目の出費(税金・年金etc)がマジでエグい話
今日、住民税の払込用紙が届きました。何と100万円近く、、。アーリーリタイアして定期収入は無いのに、今年の税金とか社会保障費とか、かなり...

こうなると一体いくらあればアーリーリタイヤ生活を維持できるのかよくわからなくなってきます。少なくとも今年は月に40万円以上は必要そうです。来年以降は激減させないと(貯金)寿命が短いですね。。

 狩った(買った)ど~!  

仕事をしているとなかなか時間が取れませんでしたが、アーリーリタイヤすると暇なせいか欲しいと思ったものをすぐに買ってしまいます。今月狩ったのはコチラ!

わんこのボール:小型犬の口にあわせた小さめのボール。テニスボール風の素材。

わんこの爪切り:人用のだと痛いのか嫌がって暴れて爪が切れなかったのでやむなく購入。これだとあまり嫌がりません。

お出かけ用わんこのトイレトレー:柔らかいゴム製で小さく折り畳めるのが素晴らしい!ってまだ使ってないけど!

ヘルメット:基本移動はバイクなので高速に乗ってお出かけするように風の防げるヘルメットを購入。頭がでかいのでBIGサイズで大助かり。

ベットのバンド:同棲しても2つのベットを並べて使っているのでベットに隙間があってわんこが落ちる事故が多発。そこでベットをつなげる超大型結束バンドを購入。優秀です!

もちろん全てアマテンでここからさらに8%オフで購入しています!

アマテンを使ってアマゾンを8%引きで買う方法 ~SUPセット買ったら4千円も浮いたぞえ!~
随分前になりますが、楽天やAmazonから購入する際にオンラインの金券ショップであるamatenやアマオクを使用することで8%程度安く買...

佐川さん、ヤマトさん、いつもゴメンよ。。