IPO全然当たらないけど?当選確率はどうなってるの!?(17/3/11)

file7451299305624.jpg

テポドンは当たらないで!てかコッチに飛ばすな!軍隊なくてアメリカの言いなりで弱気外交だからってバカにしすぎ!、、、(´;ω;`)かなスィ
 
ところで、いぽ?(IPO: initial public offering)、全然当たりませんけど!!?
今年は今の所48連敗!割りと真面目にやっていた2015年も特殊だった郵政を除けば232回応募して当選4回。内3回は騰落率がマイナスの不人気銘柄で、残りの1回は0%(手数料を考えればマイナス)。コレ、実際には280連敗とも言える様な惨状です!
 
いや、もしかしてIPOって既にオワコンなんじゃない?手間なだけなんじゃない?ブログで「儲かるよ~!」って言ってる人が実は平等抽選じゃなくてコネ(or カネ)持ちなだけなんじゃない?疑心暗鬼と暗中模索で五里霧中!
前回は当選実績から当たりやすい証券会社を調べてみました。
 
 
しかしイマイチ釈然としない!そこで今回はもっと踏み込んで、実際の所どのくらい当たるのかをムリくり調べてみました!
 

  IPOの当選確率よこれいかに? 

 
すぐに見つかったのは、某有名IPOブロガーさんのこちらのコメント。感覚的なものですが、基本的に当選確率は非公開なので感覚でも仕方ない所です。170311 ipokakuritu1 
だって。んなバカな!だったらほぼ確実に主幹事にも申し込んでいるのに280連敗なんてアリエナイ!と思ったら、どうもこの記事は2006年のもの。10年以上も前はいい時代だったという郷愁的なアレでしょうかね… (°_°)白目
 
さらに色々と調べていると、何と2015~2016年の当選確率の一部を公開している証券会社がありました!HS証券!!!郵政3社は特別すぎるので省いて考えると、平等抽選の当選確率は以下とのことです。
 
ipo kaku3
 
 ほほう、、、低いですな。てか超低いですな。人気どころなら1,000倍以上。不人気でも200倍以上。HSは主に平幹事ですが、たまたまリストに主幹事と大型案件が入っていましたが、それを見ると30~50倍であり、確かに平幹事→主幹事で10倍程度、小型→大型案件でも10倍程度の当選確率と言うのはさすが某有名ブロガーさんの感覚通りの様です。ただ2006年の時よりは全体的に2~3倍位?競争倍率が上がっていそうです。平均倍率が638倍なんだから、280連敗って普通なんですね。。。
(参考) http://www.hs-sec.co.jp, http://www.ipo-investor.com
 

  IPOはオワコン?年間予想収益は? 

 
次にIPOを全力でやった場合、普通の運の人が年間どの位稼げるのかを計算してみました。IPOの件数は年によってかなり違いますが、2009年の19件を底に徐々に上昇し、最近では90件程度になっております。また、データ数が少ないので案件間のばらつきは大きいと思いますが、HSが公表している正確なデータですので当選確率はこの平均値(0.16 %)を用います。また、主幹事の場合は当選確率が10倍(1.6 %)として、1案件の平均額は2015年の上半期の50案件程度の平均値の20万円として計算しました。前提として、主幹事には全て応募!平幹事も毎回3社で応募!というMAX全開BBモードです。騰落率もHSのデータの63 %で計算しました。仮定が多いですが、用いた数値は過去のデータからもある程度妥当な数値だと考えています。そして結果は、、、
ipo kaku4 
最大限BBに参加して当選回数は2回でラッキー!年間予想収益は23万円!!
実際には人気がなくて値下がりするような案件や大型案件の主幹事などはかなり当たりやすいと考えられるので、当選回数はもっと多くなるかもしれませんが、その様な案件は大した利益にならないので年間予想利益としては結構妥当な値な気がします。
え~っ!でも手間から考えたらこんなの嫌だ~ ( ノД`)
 
私は毎回の資金移動が面倒くさいので10社合計で500万以上入金していますが、これを投資の元本だとすると年利で4.6 %相当!手間も利率もソーシャルレンディングの方がよっぽどマシです!
 
不可解なのは、有名IPOブロガーの方々は割りと平気で年間100~200万円とか稼いでいるコト。普通の人よりやたら引きが強いのか、HSのデータが大手のそれとはかけ離れているのか、何か裏技があるとか、美人妻でもいるとか、よもや名義が、、、、っと。
 
[急募] 求ム。IPOノ美人妻ウラワザ!
 
 

コメント

  1. 抹茶 より:

    家族口座はグレーな話ですね。
    ただ、ブロガーさんの当選確率を観てると、だいたい分かります。
    一応、証券会社のスタンスでは、同居家族(嫁とか)の申込みは黙認。他住所だと警告→口座クローズです。同居家族の場合でも、一応口裏合わせが必要ですし、ルール違反なのでオススメはしません。
    当選確率アップですが、SBIは資金比例なので1億ぐらいぶちこめばポコポコ当たります。大和は株主優待でチャンス当選枠がアップします。
    (ネット抽選枠の3割がチャンス枠)
    体感ですが、日興とモルガンはキャンセルペナルティーがあるので、大型の微妙株は当たりやすいです。
    去年のJR九州はモルガンで全プレだったとか・・。

  2. Tochi より:

    目茶苦茶詳しいんですね!
    1億もあるんだったらIPOなんてやらんでいいのに笑
    でも実際、IPO投資は手間ばっかりで当たらないので続けるか悩ましいです。。。
    日興とモルガンに集中が良さそうですね!ありがとうございます。