2019年のFX自動売買(MT4 EA)勝ったEA、負けたEA、その主犯

昨年は国内(外為ファイネスト)と国外(Axiory)のリアル口座で合計6個の自動売買を運用しました。結果は-60万円ほどの大敗!!!年末・年始に停止せずにフラッシュ・クラッシュを食らって大損したのですが、これはテクニカルが通用しないような薄い相場状況の中でEAを稼働させていたTochiの責任と考えております。ただそれを除いてもまだ負けてる、、そこで今回は犯人探しをしてみました!

Tochiも31ヶ月で+100万円の利益!超優秀EA。絶対オススメ!一本勝ち | fx-on.com

 2019年 負けたEAs 

 「Scal_USDJPY」 -139,988円 

ネコ博士の作品です。年始のフラッシュ・クラッシュで-36.5万円と大負けからのスタートでした。その後は細かく勝ちますが、ドローダウン(負け)が大きすぎて細かい勝ちを吹き飛ばすコツコツドカントレードだったので早々に運用を停止しました。フラッシュ・クラッシュの敗を除いても4ヶ月弱で-14万円程度!イタタ、、

 「3本の矢」 -67,793円 

「一本勝ち」のCYさんの作品です。「Scal」の代わりに3月から運用を開始。8月くらいまでは順調だったのですがその後は延々と負け続けるような状態でした。9ヶ月弱で216回、月に24回のペースでじゃんじゃん取引してくれるのはとても嬉しかったのですが最後まで復活ならず。坂道を転がる様な状態なのでこのまま運用もキツイと判断し年末に停止しました。

 「Avail」 -104,429円 

「一本勝ち」のCYさんの作品です。7月から運用を開始。コツコツドカンタイプですが勝ちもそこそこ大きいので負けの回数が少なければ利益になりそうだったのですが、結果的に6ヶ月で3回負けて-10万円程度だったので運用を停止。EAの良し悪しの判断としては気が早すぎますが、開始直後から年末までずっとマイナス圏を漂っていたためこれ以上運用を続ける気に成れませんでした。

 2019年 勝ったEAs 

 「一本勝ち」 +100,814円 

CYさんの代表作です。年始に-21万円ほどフラッシュ・クラッシュを食らい、3月位までは負けていましたがその後は着実に勝ちを積み重ねました。このEAの素晴らしいところは逃げの速さ、そしてCYさんが不定期でEAのアップグレードを配信してくれるのが効いているのだと思います。2017年から使っていますが3年連続勝利!今年はフラッシュ・クラッシュを除いて+10万円ほど。素晴らしいっす!

Tochiも31ヶ月で+100万円の利益!超優秀EA。絶対オススメ!一本勝ち | fx-on.com

 「上がり3ハロン」 +168,375円 

こちらも「一本勝ち」のCYさんの作品です。発売してすぐの2018年5月から運用していますが、まだ負けは2回のみ。勝率90%を軽く超えております。しかも負けてもドカンとはならない(勝ちの2倍ほどのサイズ)ので儲かって当然と言えるような理想的な成績を残しております。唯一の難点は取引回数の少なさ。昨年は21回、月に2回に届きません。それでここまで勝てるとは、、驚きのEAです。

"一本勝ち"のヒットメーカーCYさん新作。Tochiは19ヶ月で勝率95%、+27万円!上がり3ハロン

 「WBZ」 +23,680円 

ラッコさんの代表作です。3年ほど運用していますが勝っています。普段は勝ちも負けも地味なものの徐々にプラスを伸ばすのですが、たまーーに強烈なドカンをやらかすEAです(笑)。でもドカンが非常にレアなため稼働を続けると勝てるという非常に努力家タイプ?のEAです。「Axiory」という相性のいい(スプレッドが狭い)海外口座運用しているのも決め手です。

珍しい朝スキャタイプのEA。地味にコツコツ型。Tochiは19ヶ月で+3.7万円!

 2019年 EAまとめ 

勝った順にEAを並べると、

 「上がり3ハロン」 +168,375円
 「一本勝ち」 +100,814円
 「WBZ」 +23,680円
 「3本の矢」 -67,793円
 「Avail」 -104,429円
 「Scal_USDJPY」 -139,988円

と3勝3敗となりました。EA別に見ると短期間しか運用していない「Scal」と「Avail」の負けが大きすぎたのが損失になった主要因だと言えそうです。とは言え、全体で見ると金額的にはほぼイーブン。つまりここまで損失が膨らんだのは年末年始にEAを稼働させてフラッシュ・クラッシュを食らったTochiのせいということですね。

 結果:犯人はオレだーーーっ!

な~む~ (-.-) チーン…ポコポコ

>Tittwerで取引をリアルタイム配信中
>2019年の各EAの詳細設定はコチラです