ハッカ油で「自家製虫除けスプレー」を作る方法。わんこにもGood!

夏の蚊対策に必須な虫除けスプレーですが、直接皮膚に吹きかけるものなので市販のものは余り気が進みません。そこで蚊やダニが嫌いなアロマオイル「ハッカ油」を使った自家製虫除けスプレーを作ってみました。犬の虫よけとしても使えます。

肉も美味いがタレがヤバイ!「ふるさと納税」宮崎県産 豚肉3.7kgセット 15,000円

 自家製虫除けスプレーの作り方 

材料:自作虫除けスプレー、100 ml分

・ハッカ油(or ヒバ油) 20滴

・(お好みで)好きな香りのアロマオイル 数滴

・消毒用エタノール(濃度76.9~81.4%) 15 ml

・水 85 ml

・100 ml スプレー容器(100均で売っているものでOK)

作成手順

・スプレー容器に消毒用エタノールを加える

・ハッカ油(or ヒバ油)、(お好みで)アロマオイルを加えてよく振る

・水を加えて完成

備考

分量は適当でいいが(エタノールが少なくならない様に注意する)、正確にやりたければクッキングスケールなどを使うと便利。1 ml = 1gと考えてOK

アロマオイルは油なので、直接水には溶けない。このためまず油をエタノールに溶かしてから水を加えないと均一にならない(分離する)ので順番に注意する

ハッカ油はミントの香り、ヒバ油はヒノキの様な畳のような香り。効果はヒバ油のほうがやや強い様だが好きな方でOK。もちろん混ぜてもOK

エタノールの最終濃度が8%以上なら殺菌効果があるため腐らないので(下図参照)長期保存が可能(15 mlで最終濃度11%以上になる)

同様の理由で精製水などを使う必要は無い(もし気になるなら沸騰させて冷やした水がペットボトルの水を使えばOK)

エタノール濃度と殺菌作用の関係(花王)

無水エタノールは単にエタノール濃度が高いだけ(で値段もやたら高い)なので、消毒用エタノールの量を増やせば一緒(もし無水エタノールを使う場合は10 ml程度にする)

ハッカ油の例(Amazon)

ヒバ油の例(Amazon)

アロマオイルの例(Amazon, 無印エッセンシャルオイル)

ユーカリの他にグレープフルーツ、スウィートオレンジなどもいい香りです。無印の店舗に行けば10 ml単位で売っているのでもっと安く買えます。消毒用エタノールは薬局で入手できます!

あ、もしかしたら今は品切れかも?コロナ恐るべし(泣)

ref)https://www.rentio.jp/matome/2019/06/peppermint-oil/, https://www.kao.co.jp/pro/hospital/pdf/08/08_05.pdf, https://www.docdog.jp/2020/04/magazine-dogs-s-s-2297.html, https://www.docdog.jp/2020/04/magazine-dogs-s-s-2297.html