ネット回線が頻繁に切れる問題をやっと解決!主な原因はバッファローのwifiルーター!

FXの自動売買を自宅のノートパソコンでやっている関係で、フレッツ光を使っています。パソコンやスマホとはwifiで接続していますが、これがブチブチ切れる状態がここ数ヶ月続いておりました。


 症状 

いつも見ているサイトなのに毎日何度も「このサイトにアクセスできません」とでたり、

酷いときには「インターネットに接続されていません」と出たりします。

しばらく(10秒~数分程度)待っているとまた繋がるようになるので使えるには使えるのですが、かなりイライラします。特に一度に10個とか沢山のページを開いたときに頻発し、しばらく待っても直らないときにはwifiルーターを再起動もしくはリセット(初期化して設定し直し)すると少なくとも一時的には治るという状態でした。

プロキシやファイアーウォールをいじっても特に変化はなく、何が悪いのかイマイチわからなかったので対処できず我慢して使っておりました。

 原因は? 

主な原因として考えられるのは

 ・フレッツ光回線の不調ないしはモデムの不調

 ・wifiルーターの不調

 ・wifi受信機(子機)の不調

などでしょうか。フレッツ光回線絡みだと職員さんを呼ばないといけないので後回しにしました。思い出してみると、以前住んでいたアパートでもフレッツ光回線とバッファローのwifiルーターを使い始めて1年くらいしてから同じ様な症状が出ておりました。

今のwifiルーターはバッファローの新しいものに買い替えたのですが、ちょうど1年くらい経っていたので、ルーターの不調が一番疑わしく思えました。そこで、wifiではなく有線LANでパソコンと接続してみると、大分症状は改善されましたが、それでも低頻度で同じ症状が出ることがわかりました。

もしかしたらバッファローの安いwifiルーターは壊れやすいのかも?

使っていたのはこんな奴。新しいのも古いのも同じ症状でした。

そこで、wifi受信機として使っていて調子の良かったTP-Linkのルーターに変えてみました。

するとスマホと古いパソコン(Windows7のPCとかノートパソコン)などは全く問題なく接続できるようになりました!やっぱり基本的にはバッファローのwifiルータが原因だったようです。

 新しいPCはそれでもダメ。相性もあるのかも? 

昨年買った新しいPC(Windows10, i7-7700, 16GBメモリ)にはTP-linkのwifi子機を使っていたのですが、こちらはしばらく接続できた後、子機が点滅しなくなったり全く反応しなくなったりする問題が残りました。色々な子機を持っていたので試してみると、古いTP-linkのwifi子機であれば問題なく使える事がわかりました。子機との相性?PCの故障?タイマーでも設定されている?

これや、

こんなのとか(もっと古いタイプ)、

これだとダメだけど、

これだと何故か問題ない。

ダメだった子機達も他のPCだと問題なく使えるので子機が悪いわけではなさそうです。PCと子機との相性か、もしくは新しいPCにだけ何らかの不具合か設定ミスがあるのかも知れません。

何はともあれ解決です。「SPEEDTEST」も爆速!(当社比)

1年以上経過したバッファーロールーターを使っていて同じ様な症状が出た方は、まずはルーターを疑ってみるのがいいかも知れませんね (・∀・)直らなくても責任は取りませぬのよ!

=19.8.3追記=

何となく気になって調べてみたところ、TP-Linkは中華企業でした。ファーウェイ等と同様、使用に辺り情報漏洩等の危険性を考慮する必要があると考えられます。案の定、過去にはバックドアが指摘されたこともあるようです。個人的には次からは他のメーカーを使用したいと考えております。ご購入の際にはこの点を十分にご留意ください。