-27万円 2020年9月の損益。リスクオフ継続で損切りの嵐

9月はソフトバンクのオプション取引に因ると言われるナスダックを中心にした米株の下落で始まり、追加経済対策の難航も相まって悪化したセンチメントが回復することなくドル高傾向が続きました。10月はいよいよ大統領選が強く意識され、米株の調整が進むことが予想されることから、もうしばらくは厳しい状況が続く見込みです。

肉も美味いがタレがヤバイ!「ふるさと納税」宮崎県産 豚肉3.7kgセット 15,000円

 FX裁量トレードの損益 

DMM、約定履歴、9月

今月の損益は、、、合計-268,826円でした。ポンドのロングが焼かれ、豪ドルやユロドルの調整狙いも失敗してグダグダでした。基本は変わらず中長期的なドル売り予定ですが、まあ大統領選が決まるまで当分は様子見でもいいような気がしています。

DMM取引通信簿、9月

損失のメインはポンドドルのロング。ボリスさんの瀬戸際外交にまんまとハマってしまいました(泣)

米株も更なる調整に備えて1万ドルの損切り。為替も株も損切りしまくり・・

-9,900$ TSLAバッテリーデイの参加費高杉!QQQも一部損切りで下落に備え(*今更)
9/22はTSLAのバッテリーデイ(祝!) この所のTSLA株価はGAFAが大幅下落中にも関わらず案外強く、株分割の前後には急騰したこ...

う~ん、厳しい状況は当分続く様な気がしますが、年末には笑っていたひ (TдT)

↓ Tochiが売買で一番参考にしているのはコチラのメルマガ。動きの有る通貨ペアで積極的に取引するためには個人では入手困難なプロの情報が欠かせないと判断して購読しています。無料お試し期間が10日間あるので是非一度お試しあれ!

西原宏一のシンプルFXトレード

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)