2016/6/28 FX設定大公開

03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_s.jpg
今日は昨日の円高の巻き戻しでループイフダンの決済はありませんでした。
そこで、現在使用しているループイフダン(インヴァスト証券、トライオート)の詳細設定を公開します!

既に今年に入ってから裁量と併せて1,000万円以上の利益を出させてもらっています ( ^ω^ )ちなみに裁量よりもループイフダンの利益のほうが大分多いです。

ループイフダン系の発注方法は手数料が非常に高いマネースクウェア・ジャパン以外色々試しましたが、本家ループイフダンのiNet証券ループイフダン停止=強制決済になってしまうことと、スマホで操作ができなかったために辞めました。

外貨オンラインまたはFXブロードネットiサイクルないしはトラッキングトレードは使いやすいのでとても気に入っていたのですが、注文の間隔や枚数を自由に設定できないこと、停止しても強制決済にはなりませんが、ポジションを全て決済しないと再稼働できないことと、最大の決め手は最近になって手数料が大幅に値上がりになったために停止しました。
現在使っているインヴァスト証券トライオートは停止しても強制決済にならないことは勿論、稼働中に設定を細かく変更することもできるので今のところ一番いいと感じております。手数料はiNet証券とほぼ同じか枚数によっては少し安い程度で大差はありません。マネースクウェア・ジャパンよりは遥かに安いです。

さて、本題に戻ります。
現在使用しているインヴァスト証券、トライオートの詳細設定です。
2システム走らせておりますが、まずは、
・USD/JPY、50pips値幅売り、5or10万通貨単位、です。

現在は99.3円~108.8円の範囲で50銭間隔で売り注文を発注しております。99.3円~103.8円までは5万通貨104.3円~108.8円は10万通貨の売り注文です。合計で20個の繰り返し注文を発注していることになります。途中から通貨単位を増やしたのは、なるべく抱える含み損を抑えるための工夫です。

少し前の計算なので今は少し値が変わっていると思いますが、想定と反対方向(円安)に10円動いた場合、700万円程度の含み損が発生し、700万円程度の証拠金が必要になる様な設定です。

1回の決済で2.5万円(5万通貨)ないしは5万円(10万通貨)の利益になります。
10年分のバックテストの結果に基づいた利益の期待値は、年間750万円ほどです。含み損の最大値もほぼ同程度。そう考えるとかなりチャレンジャーな設定です ((((;゚Д゚)))))))
もう一つは、

・EUR/JPY、50pips値幅売り、2万通貨単位、です。
現在は、106.3円~120.8円の範囲で50銭間隔で売り注文を発注しております。こちらは全て2万通貨単位。合計で30個の繰り返し注文を発注していることになります。
同様に想定と逆に15円動いた場合、435万円の含み損と300万円の証拠金が必要な設定です。
1回の決済で1万円の利益になります。

ユーロ円の方がドル円よりもボラティリティが大きいので15円程度は動くことを想定した設定を用いております。
FXブロードネットのトラッキングトレードのように追尾はしてくれませんので、円高や円安方向に大きくレンジが変わった時などは手動で売買する範囲や枚数を設定し直します(稼働したままで変更可能)。その分、リスクを自分でコントロールできるのでこの方がいいと考えております。

なお、インヴァスト証券のトライオートは1000通貨単位から取引可能ですので、取引枚数を減らせばリスクと運用資金を減らして同様の取引を行うことが可能です。
例えば、「USD/JPY、50pips値幅売り」を1000通貨単位で行い、10円の変動のロスカットに耐えるために必要な口座資金は19.1万円です。この場合もロスカットになってしまう資金ギリギリではなく、少し余裕を持たせて少なくとも30万円以上の口座資金で運用することをお勧めします。

必要資金の詳細は以下で確認できます(*1000通貨単位なので要注意)。
・ループイフダン必要資金
最後にトライオートの欠点を挙げると、オートパイロット(AP:繰り返し注文)の設定が非常にややこしいことです。未だに間違えることが有るくらいで、決してわかり易いとは言いがたい!!!この点だけは他のシステムのほうが圧倒的に優れています。その内このブログで詳しい設定方法をアップしたいと考えております。しばしお待ちを (=゚ω゚)ノ

追記:以下で詳細な設定方法を記事にしました。ご興味の有る方は御覧ください。
・インヴァスト証券、トライオートの設定方法

"一本勝ち"のヒットメーカー、CYさんによる2018年の新作。Tochiは3ヶ月で+5.4万円!上がり3ハロン

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)