インヴァスト証券、トライオートの設定方法

インヴァスト証券、トライオートの設定方法

-shared-img-thumb-tsuruno28_TP_V.jpg
ループイフダンは正式にはiNet証券が提供するイフダン(売りと買いの指値を同時に注文する)を特定のレンジで繰返して行う注文方法の名称です。仕事中や寝ている間にも指値になったら勝手に売買をして利益を積み重ねてくれます。

似たシステムにM2Jのトラリピや外為オンラインやFXブロードネットのiサイクル、インヴァスト証券のトライオートなどがあります。

設定の自由度、手数料の安さなどから今のところインヴァスト証券のトライオートを使っておりますが、唯一難点なのが設定の難しさ。

そこで今回はインヴァスト証券のトライオート
・USD/JPY、50pips幅売り、1万通貨単位 (99.3円~108.8円の10円レンジ)
の設定をどの様に行うのかを解説させて頂きます。

なお、過去10年分のバックテストでは、50pips値幅の1万通貨単位でトレードすると年平均で230回約定し、115万円程度の利益が出ます。営業日を250日とするとほぼ1日に1回程度約定し、1回に5000円が儲かる計算です。

まずはログイン。
160702-11.jpg

次に「トライオートFX」をクリックします。
160702-2.jpg
ややこしい画面が出てきます。(既に発注しているので損益などが出ておりますが、未発注であればここは空です)

「自動売買専用パネル」をクリック。ここまでは簡単ですが、、、
160702-4.jpg
パネルが別画面で出てきます。「複数AP作成」をクリックAPとはオートパイロットの略で、要するに繰返しイフダン注文のことです。

160702-5.jpg

いよいよここからが設定です!
① まずは「カスタム」をクリック
② 取り引きしたい通貨を選択(今回はUSD/JPY)
③ 売りを選択
④ 10円の幅でループイフダン(オートパイロット)を行いたいので、1000pipsと入力
⑤ 注文額を入力。1万通貨であれば10K
⑥ 99.3円~108.8円の売りなので、最高値の108.8と入力。もし買いなら99.3と入力する


右のスライダーでスライドし、もっと下の設定もします。

160702-6.jpg
① AP数を設定します。10円のレンジで50pips間隔で注文するので、全部で20本のAP注文になります。もし15円のレンジであればここは30本です


② カウンター値(決済した場合、次の注文を決済値から幾らで発注するか)を設定します。50pipsで利確をする場合、決済値から-50pips(買いの場合)、50pips(売りの場合)で次の注文をすると、同じ注文を繰り返す設定になります。フォロー値を設定すると片側だけ追尾してくれますが、かえってややこしいので私は設定しません。

③ カウンター値は固定したほうが便利です


④ 今回は50pips(銭)円高で利確したいので50と入力


⑤ 損切り設定です。細かく損切りをするとループイフダンで利益を得ることはなかなか出来ません。なるべく広い範囲を設定するか、さもなくば「指定なし」がいいと思います


⑥ 「リストに追加」をクリック

注文リストが出てきます。全部で20個のAP注文です。
160702-7.jpg
① 注文数や注文価格、数量などが正しいことをスライダーをスライドして全てチェックしましょう


② もしこれでよければ「リストを確定」をクリックして発注完了です!

次は円高や円安が進んでレンジを変えたくなった場合の変更の仕方です。
もちろん稼働を停止させてもいいですが、稼働させたままでも設定を変更することが可能です。今回はレンジを99.3円~108.8円の売りから98.8~108.3円の売りに50銭だけ変更してみます。


まずは変更したいAP注文を含む注文リストをクリックします。

160702-8.jpg

20本のAP注文のリストが開きます。
160702-10.jpg
① この中から変更したいAP注文を選び、「変更」をクリックします。今回は最高値の108.8円を選択


② 注文値を98.8円に、必要があれば数量も変更し、「OK」をクリック。これで98.8~108.3円の売りに変更になります。

稼働の停止、再稼働はAP注文ごとにもできますし、全てまとめても出来ます。強制決済はされません。全てまとめて停止したい場合はリストを閉じた状態で一番左の赤い「スイッチマーク」をクリックすればOK。AP注文ごとに停止したければリストを開いてから同様のことをすれば完了です。停止したら赤色が灰色になります。

最後にどの程度の資金が必要かのおさらいです。

今回のドル円、10円レンジの売りで50pips間隔で1万通貨を取引する場合、最低でも含み損と証拠金を合わせて191万円が必要になります。これは、予想とは逆に10円動いた時に動いた時に口座に入っていなければロスカットされてしまう資金で、ドル円であれば最低でも10円程度の変動を想定しておいたほうが無難でしょう。資金が足りない場合はレンジを狭めるのではなく、取引枚数を減らすのが安全なのでオススメです。

また、インヴァスト証券のトライオートは1000通貨単位から取引可能なので、安心して取引を行うためにもまずは1000~2000通貨程度の単位で取引を行い、10円の変動でロスカットになってしまう資金(19.1~38.2万円)ギリギリではなく、少し余裕を持たせて少なくとも30~60万円程度の資金を口座に入金してトライオートを稼働し、慣れてから徐々に取引枚数と口座資金を増やしていくことをお勧めします。

160702-meyasu.jpg
詳細は以下で確認できます(*1000通貨単位なので要注意)。
・ループイフダン必要資金

これでバッチリ設定出来ます!
トライオートで一緒にガンガン稼ぎましょ (^-^)/