FXが1度も利確しないので最近好調な「BTC」と「S&P500」で攻める!

2020年に入ってメインの投資である裁量FXはオージーとポンドを買っていますがまだ一度も利確できていません。チャンスはその内来るだろうから焦っては全くないのですが、この所「BTC」と「S&P500」が絶好調なので追いかけることにしました!

マイナススワップが低くてドル売りに最適!FXには欠かせないTochiのメイン口座です。DMM FX

 動き出したビットコインについていく! 

Tradingview、BTC/JPY、時間足、2020年~ 

今年に入ってから上昇トレンド(青の斜め線)が発生したようです。イラク問題が意識されて上昇を開始しましたが、その後も戻さず。半減期が意識されて買われていると考えられるのでメインストーリーとしては4月~5月までは買われ、その後一旦事実売りが来た後にマイナーの売り圧力の低下を受けて徐々に上昇することが期待されます。

そこでLiquidのBTC現物で、

・98万円から開始し、5万円値下がりするごとに0.5BTCの買指値

を入れてついていきたいと思います。BTCは動き出すと乱高下するので、半減期の事実売りの前までに上昇していれば一旦決済してその後は開始価格を下げて同様の指値を入れ、1~2年くらいはコールドウォレットに移してガチホ予定です。

 絶好調バブル米株が頼みの綱! 

Axiory MT4 EA、ダウ、日足、2019年8月~ 

米株がバブルです。調整が来ても直ぐに跳ね返して最高値を更新中!インディケーター「TD Sequential(図中の数字)」でトレンド転換を示唆する数字「13」が何度か出ている、そしてまたすぐにも出そうですが、調整だけして上昇を続けています。上昇への転換を示唆しているオレンジの「13」で買っておけば大儲けだったのね…

背景にはイラン問題や米中貿易協議の一先ずの進展、経済重視のトランプ大統領の再選見込み、米国の隠れ緩和再開などがあると考えられるため、しばらくはこのトレンドが続くことが期待されます。

そこでGMOクリック証券のCFD、S&P500で、

・3,280$から開始し、50$値下がりするごとに5 lotの買い、100$値上がりで利確のIFD指値(ロスカットレートは手動で買いから-1,000$ラインに設定)

を入れてついていきたいと思います。最近のイギリスや中国の経済指標が悪かった様ですが株価とビットコインはどこ吹く風。てかGDP+6.1%で29年ぶりの低成長ってどんだけ成長期やねん (-_-)/

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)