2017/1/13 インヴァスト証券のレンジフォーカスを勝手に調節!

2017/1/13 インヴァスト証券のレンジフォーカスを勝手に調節!

-shared-img-thumb-0I9A350615032140wakaranai_TP_V.jpg
先日、「インヴァスト証券のレンジフォーカス」の記事で触れた通り、早速「レンジフォーカス_EA_201612_2_10k」をスタートしました!

現在までに2日で2回約定し、利益は8,570円、含み損は-10,175円となっており、順調に、、、あれっ、でもちょっとまてよ?
レンジフォーカスの想定レンジは、1.413~だけど、既に下限ギリギリの1.414まで下値を付けてるぞ!?

これはただの偶然か!?
そ れ と も!?

気になったので想定レンジの根拠となっているEUR/AUDの過去3年分の値動きをGMOクリック証券のプラチナチャートで確認してみました。
170113Inv1.jpg
週足で移動平均線を52本(1年分)で書いているので、赤丸で囲った年末の終値がその年の平均価格になっています。レンジフォーカス規定の設定値は、黄色の矢印の所が50pips間隔の売り、緑の矢印の所が50pips間隔の買いになっています。

確かに過去3年に限れば各年の平均値は極めてレンジフォーカスの中央に近く、大体の期間黄色と緑の線の範囲に納まっているのがわかります。しかし!2015年の夏以降は赤矢印で示した通り、上値も下値も徐々に切り下げており、現在の移動平均線も見事に下向きです。また、過去3年の年始~年末の終値(青の矢印)を比べてみると、下、横、下と徐々に下に向かっています(*単なる偶然)。

って、少なくとも今のトレンドは下なのでは?
だから既にレンジの下限付近まで来ちゃっている訳だし、だったら全体にもう少し下のレンジにフォーカスした方が今年はいいかも!
というわけで、2016年の始値と終値の差の200pipsほど(適当)レンジフォーカス全体を下に下げました!

また、損切り設定も解除しました!この手の設定はトライオートでは稼働したまま変更できるのでとても便利です!やり方は以下、、、
トライオートの設定方法

具体的には、売りと買いの4本づつ、計8本のAP(オートパイロット)の価格を以下のように変更しました。

売り
1.5515 → 1.4512
1.5462 → 1.4462
1.5412 → 1.4412
1.5362 → 1.4362


買い
1.49337 → 1.39337
1.49837 → 1.39837
1.50337 → 1.40337
1.50837 → 1.40837

そして出来上がったチューンド・マイレンジフォーカスはコチラ!
170113Inv2.jpg
まだまだ下値に余裕があって素晴らしい!

吉と出るか凶と出るかは全くわかりませんが、3年間に限定してバックテストをして都合の良い設定が今年も動く保証は全くないですし、もう少し短いスパンで見ると明らかに下げトレンド継続中なので少なくとも大きな反発が来るまではこの設定で試してみたいと思います!

ここまでいじると「レンジフォーカス」の当初の面影は乏く、もしかするとキャッシュバックキャンペーンの対象外になったりするかもしれません。やる方はいないかもしれませんが、もし同じような事をされる場合はご自身の責任でお願い致します。

レンジフォーカスのアイデアは面白いのでメインのUSD/JPYのループイフダンでも少し取り入れて行きたいと思います。バックテストなどはまだやっておりませんが、恐らく利益は大きく変えずに含み損の最大値を減らせるのではないかと考えております!乞うご期待 (^-^)/