アーリーリタイアの家計簿(3月分)。濡れ雑巾と魚屋

アーリーリタイアしてしまうと心配なのはお金です。我が家では一応、

 Puchi負担 家賃、公共料金(電気代)

 Tochi負担 食費、雑貨、公共料金(ネット、水道、ガス)

と、別々のお財布で家計を運用しております。

アーリーリタイアの家計簿(12~2月分)。お金が貯まりそう!?
アーリーリタイアしてしまうと心配なのはお金です。無くなる稼ぎ。生きて行けるのか? 「だって暇でしょうがないでしょ」と問答無用で家計大臣...

この為、Tochiに出来るのは食費、雑貨の目標合計金額、9万円を如何に安くまとめるかということです!さて、3月の収支はというと、、、91,344円。ちょっとオーバーしましたがほぼ目標通りに行きました!

 節約を考える 

さて、1ヶ月も前の事なんて全く覚えておりませんので、一体何にどのくらいのお金を使っているのかを家計簿を元に過去4ヶ月分に関して調べてみました。節約すべきは一体何なのか?

2017年12月分:合計90,630円

グラフの見方は棒グラフが左のメモリ(金額、円)で、線グラフが右のメモリ(回数)です。

下の漢字はカテゴリで、

 公:公共料金的な出費

 雑:雑貨類

 食:食費

です。その上が例えばガソリン等の細目となっています。

12月はPuchiと共同生活をはじめたばかりの月です。ラーメンなどですが外食も毎週行っており、パン焼き機を買っていなかったのでパン屋にもたまに行きました。

2018年1月分:合計95,730円

新しく生活を初めてどうしても必要なものが色々出てきました。パン焼き機(家計費外)や棚、鍋(一部家計費外)などを購入すると共に、魚屋さんの干物の味に魅了されて魚屋に通うようになりました。その分スーパーで購入する費用が低下しているので肉から魚にシフトしただけで総額に影響はありませんでした。先月と異なり、2ヶ月支払いの水道代分オーバーしました。

2018年2月分:合計90,541円

相変わらず魚屋に行くと共に、スーパーでもよく買っているようです。生活に慣れてきて、おかずや野菜の品数を増やしたせいでしょうか。近くで朝市をやっていることを知り、何度か行ったのですが、案外割高なのか高くついています。まあ、一種のテーマパークなので仕方ないように思えます。しかしほぼ9万円で収まっております。2月は28日しかなかったのでその影響だと思います。

2018年3月分:合計91,344円

ほぼ行っていなかったコンビニによく行きました。風邪や花粉症で喉をやられてアメなどをよく買ったためだと思われます。スーパーが比較的安く抑えられたため、水道代を支払ってもほぼ9万円で抑えられております。ドラッグストアが高かったですが、点鼻薬や物干しなどの必需品で削る余地は見当たりません。3月はいい天気でよく出かけたのかガソリンを5回ほど入れておりますが、まー、物より想い出か(覚えてない)。

 乾いた雑巾を絞るのはイヤ(めんどい) 

今回見た限りではこれ以上の節約は望めそうもありませんでした。さらに頑張って節約するのであれば、例えばウエイトの大きいスーパーで何を買っているのかを細かく調べ、何かを削る(例えばおやつを買わないようにするとか)などがありそうですが、めんどいので今はこれでOKです!

企業などではよくあることですが、節約ばかりに気を取られて本来の目的を見失っては意味がありません。キュッと絞った濡れ雑巾でオーケーちゃーちゃー (・∀・)/