1万円で作った1枚板のワーキングデスクがなかなかイイ?

我が家の数少ない訪問者が何故か褒めてくれるのがTochiが使っている机です。しかもこの机、実はTochiのお手製。古い机の足だけを再利用し、一枚板をネットで買ってちょっと手を加えただけです。一枚板の机は製品買うとバカ高いのですが、実は作ると安く手間も大したことはありません。

 以前の机(イメージ) 

現物の写真はないのですが、昔使っていたのは大体こんな感じの机でした。悪くはないのだけどパソコンを複数台置くには小さすぎたので買い換えようと思って良いのを探したら天板がしっかりしていてそこそこ見栄えもいいものは余りにも高いので自分で作ることにしました。

 購入した小物パーツ 

 机の足 

足は古い机のものをそのまま再利用しました。元々あった固定用の穴に適当な木ネジを通して天板を止めただけです。適当な物が無くても買えるようです。

 筋交いの延長 

安定させるのに筋交い(足の奥のバッテンの棒)は長くする必要があったのでホームセンターで延長分を買いました。

こんな感じの(寸切)を2本買って、

長さは長ナットで調整(接続)しました。

寸切の末端は長ナットでヒートンボルトに接続して足に固定しました。全てホームセンターで購入。

 天板 

横180cm、奥行き55cm、厚み6cm位の1毎板を木材屋さんからネット経由で購入。オプションで上面だけサンドをしてもらいました。確か天板が8,000円ほど。オプションも数百円~千円程度だったと思います。

人の身長よりも長い一枚板

無垢板は手触りが心地良く、暫くはそのまま使ったのですが、水をこぼすだけで跡が残るので止む無く上面にニスを塗りました。節にあったかなり大きな穴は透明のパテで埋め、固まってから(工具が無かったので)カッターナイフで削って平にしました。

足は木ねじて適当に止めただけですが、筋交いが有るのでかなりしっかりしています。

 1枚板のワーキングデスク完成! 

そして現在の机がこちら!

24インチのディスプレイを横に3つ並べられます。一番奥のノートパソコンはEA専用。

手動売買とブログの作成は卓上の3つのモニター(パソコン2台)で行います。机が広いと超便利です (゚∀゚)/

"一本勝ち"のヒットメーカー、CYさんによる2018年の新作。Tochiは3ヶ月で+5.4万円!上がり3ハロン

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)

コメント

  1. Mineyuki より:

    Tochiさん、こんにちは!
    一枚板のデスク、カッコイイですね。
    表面の色合いがイイ感じです。
    ニス塗りのせいでしょうか。

    • Tochi より:

      Mineyukiさんこんばんは!

      ニスで色味が濃くなりました。横長なのでモニターを並べるのに便利です!