1億円を秒速で稼ぐ方法。スクリーンショット詐欺のやり方と注意点。

金融業界は詐欺師だらけです。FXもまた然り。最近は何億も儲けたとか損したという話題がTwitterを賑わすようになってきました。多くの場合はスクリーンショットをその証拠として見せていますが、スクリーンショットがあるからと言って信用していいものでしょうか?

 スクリーンショット詐欺、実演! 

例えばコチラのスクリーンショットを例にしてみます。

とある証券会社の約定履歴(Tochiの実トレード履歴)

Chromeブラウザで開き、変更したいところ(数字)を選択して右クリック、「検証」を選択します。

サイドバーに出てきた欄に適当な数字を打ち込みます。この要領でロットと金額を増やします。(巧妙な辻褄合わせ…)

するとあら不思議、1億円も儲かった約定履歴に早変わり!

あぁ、これが現実だったらどんなにいいものでしょうか。。でもこれはスクリーンショットだけのお話です。この様にスクリーンショットなんていくらでも偽造可能です。確かに中には本当の約定履歴を晒している場合もあるでしょうが、見分けは難しいです。

 なぜ儲かっている振りをするの? 

単純に目立ちたいだけの場合もあるでしょうが、多くの場合は情報商材を売ったり、セミナーやサロンなどに参加してもらうことが最終的な目的だと考えられます。要するにお金儲けです。

ここで不思議に思わなければいけないのは、FXなどで本当に大儲けできる人がわざわざ情報商材などで小銭稼ぎをするメリットが全くないことです。むしろ手法が広まれば優位性が失われて使えなくなる可能性すらあります。要するに実は儲かっていないと考えるのが至極真っ当。

とかばかり言ってると人生大概つまらないので、大儲けしたり大損している様子はプロレスだと思って大いに楽しみながら、セミナーなどの誘惑だけは上手に撥ねつけましょう !(・∀・)

コメント

  1. 抹茶 より:

    GMOの場合は、トレアイ参加すれば儲かっている事の証明は簡単なんですけどね(笑)
    儲かってないんでしょうね。