40歳からの妊活。採卵とPGT-Aが終了。結局何がポイントだったのか? #2

*妊活関係の露骨な表現が含まれますので苦手な方はここで閉じて下さい。

 

我が家は40歳を超えるくらいになってPuchi(パートナー)の意向で妊活が始まった。タイミング法に始まり体外受精(IVF)まで進み、これまでの成績は2年で2度の妊娠、2度の流産(8週と10週)であり、現在3年目に突入している。

 

高齢の場合は減数分裂時の染色体の分配が上手くいかなくなり、染色体異常(モノソミー、トリソミー)が頻発する事が知られている。実際、2度目の流産は18番染色体のトリソミーが原因であったことから、妊娠・流産による負担とタイムロス軽減のため、移植前に胚盤胞の染色体数検査(PGT-A; Preimplantation genetic testing for aneuploidy)をやることにした。

 

前回までにPGT-Aで2個目の正常胚が得られたので一旦採卵を終了しようかとも考えたのだが、早生まれにならないように移植するとなるとまだ時間があったこともあり、採卵を2回ほど追加して終了することにした。

40歳からの妊活。PGT-Aが終わりそう。何がポイントだったのか?

 

スポンサーリンク

 これまでの経緯 

これまでの妊活履歴をざっとまとめる。

 

【妊活履歴】

2022年初め~ 10年以上のレスから一念発起し、タイミング法を何度かトライも不発

2022年夏頃~ 人工授精に切り替えて1発目で初の妊娠も9週前で心拍停止。流産手術後もhCGの下がりが悪く、しばらく妊活中断

2023年3月~ IVF#1:自然周期採卵で8個培養、凍結1個、ポリープ除去後に移植初トライも着床せず

2023年4月~ IVF#2:超低刺激採卵で3個培養、凍結に至らず

2023年夏頃~ IVF#3:低刺激採卵で3個培養、凍結2個、1回目の移植で2度目の妊娠も11週前で心拍停止

2023年年末~ IVF#4:低刺激採卵で2個培養、凍結1個、PGT-Aで正常胚判定

2024年初め~ IVF#5:自己注射を含む低刺激採卵で8個培養、凍結1個、PGT-Aで異数性判定

2024年春頃~ IVF#6:2周期休憩後、自己注射を含む低刺激採卵で2個培養、凍結1個、PGT-Aで正常胚判定

2024年春頃~ IVF#7:自己注射を含む低刺激採卵で4個培養、凍結2個、PGT-Aで異数性判定

2024年夏頃~ IVF#8:自己注射を含む低刺激採卵で8個培養、凍結4個、PGT-Aで1個が正常胚判定

 

 

【IVF詳細】

IVF1回目:Puchi(妻)のこだわりで自費診療の自然周期採卵を試み、非主席卵胞を含む8個の卵胞を採取し、顕微授精後に培養。凍結まで進んだのはday6で胚盤胞に至った非主席卵胞の1個のみで、これを移植したが着床しなかった。

IVF2回目:超低刺激の自費診療(1/8セロフェンを4日)で、非主席卵胞のみの3個に採卵数が減少、顕微授精・培養も凍結基準を満たす胚盤胞は得られなかった。

IVF3回目保険診療に切り替え、低刺激(クロミッドを4日、レトロゾールを3日)で、Lサイズの卵胞3個を採取し、ふりかけ法で受精後に培養、day5、day6に胚盤胞に至った2個を凍結。day5の方を移植し妊娠も11週前に心拍停止。絨毛のG-band法染色体検査の結果、18番トリソミーが流産の原因だと判明した。

IVF4回目自費診療のPGT-Aに切り替え、IVF3回目同様の低刺激でLサイズの卵胞及びSサイズの合計2個を採取、顕微授精(卵胞状態が原因)・培養し、day6に胚盤胞に至った1個の胚盤胞を凍結。PGT-Aで正倍数性判定、Gardner分類は3BB(正倍数性1個目)

IVF5回目:IVF3~4回目と同様の低刺激も卵胞の育ちが悪く採卵せず。翌周期には自己注射を含む低刺激(クロミッドゴナールエフ皮下注ペン75単位 6日)で、Lサイズの卵胞7個及びSサイズ1個を採取、顕微授精(精子不良が原因)・培養し、day5に胚盤胞に至った1個の胚盤胞を凍結。PGT-Aで3箇所の異数性判定(2番モノソミー、15番トリソミー、16番部分トリソミー)。

IVF6回目:周期が不順になり無刺激で1周期休憩、翌周期にはIVF5回目と同様の自己注射を含む低刺激も遺残卵胞(前周期で排卵されなかった卵胞)があり採卵せず。この対処にプラノバール 14日。翌週期も自己注射を含む低刺激(クロミッドゴナールエフ皮下注ペン75単位 7日)でLサイズの卵胞2個を採取、ふりかけ法で受精後に培養。卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の予防に2.5mg フェマーラ(晩)と0.25mg カバサール(朝晩)を5日。day5に胚盤胞に至った1個の胚盤胞を凍結。PGT-Aで正倍数性判定、Gardner分類は3BB(正倍数性2個目)

IVF7回目:IVF5-6回目と同様の自己注射を含む低刺激(クロミッドゴナールエフ皮下注ペン75単位 7日)でLサイズの卵胞3個、Sサイズの卵胞1個を採取、Lサイズはふりかけ法、Sサイズは成熟を待って顕微授精(時間経過が原因)後に培養。OHSSの予防はIVF6回目と同様。day5とday6に胚盤胞に至った2個(共にふりかけ法)の胚盤胞を凍結。PGT-Aで異数性判定(共に3箇所以上の異数性)。

IVF8回目:IVF5-7回目と同様の自己注射を含む低刺激(クロミッドゴナールエフ皮下注ペン75単位 6日)で、Lサイズの卵胞7個及びSサイズ1個を採取、LサイズのMII 6個はふりかけ法、Lサイズ MI 1個は成熟を待って、Sサイズ MIIは直ぐに顕微授精後に培養。OHSSの予防はIVF6回目の薬に加え、40mg レルミナ(昼)を2日。day5とday6に胚盤胞に至った2個づつ計4個(全てふりかけ法)の胚盤胞を凍結。PGT-Aでday5の1個が正倍数性判定、Gardner分類は3BB(正倍数性3個目)、残りの3個は1~2箇所の異数性判定

 

 

IVF6回目までで一応最低限の目標にしていた正常胚2個の回収が終わった。

ただ、当初の計画では正常胚が3個は欲しいと考えていたし、色々不利益があるとの報告がある早生まれにならないように移植するとなるとまだ時間があったこと、失敗した場合になるべく後悔を残さないようにギリギリまで粘ったほうがいいだろうとの判断から、追加で2回の採卵を行った。

また、もし今後の移植が失敗に終わっても年齢的なことや体力的な問題から、これ以上採卵を追加することは考えていない。

 

 PGT-Aの全結果 

合計で9個の胚盤胞のPGT-Aを行い、3個の正倍数性を獲得できた。

検査方法はNGS(次世代シーケンシング)で、染色体の100塩基ほどの極短い配列を無数に調べ、それぞれの配列が何回読み込まれたのかを予め用意してある染色体マップ上にプロットしていくことで、染色体の数(通常は1ペア)を定量的に解析する方法である。

 

縦軸が染色体の数、横軸が染色体(Chr)の番号。性染色体(X, Y)は非公開。理論的には縦軸が2.0だと1ペアで正常、1.0はモノソミー、3.0はトリソミー、中間的な奴はモザイクだが、検査に用いる細胞が数個と極少数なため検査精度は高くなく、今回の検査では2.0±0.3以内を正常、±0.7以外を異数性、その中間(±0.3-±0.7)をモザイクと判定している。

それぞれの結果は検査順に以下のようなものであった。

 

 

IVF#4の胚盤胞・正倍数性

個人的には基線がガタついているのが気になったが(ノーマライズしていないとか?)、これでも正倍数性とのことだった。初めてのPGT-Aで、しかもたった1個で正倍数性を得られるとは期待していなかったのでラッキーだった。

 

 

IVF#5の胚盤胞・異数性

前回と比べると見るからにガタガタである。3ヶ所の異数性とのことだが、どう考えてもそんなレベルじゃないのではないかという気がする。

 

 

IVF#6の胚盤胞・正倍数性

随分ガタガタに見えるが、モザイク(B判定)では無く正倍数性(A判定)との結果だった。

・染色体を横断したノーマライズをしていない生データなのだろうか?

・それとも、正常の基準は2.0の上下の点線(1.7 & 2.3)の範囲内ということなのだろうか?

これらの疑問がまだ聞けていないので移植するまでには聞きたい。

 

 

IVF#7の胚盤胞-1・異数性

3ヶ所以上の異数性。モノソミ&トリソミー&Chr4は50%モザイクとわかりやすい。

 

 

IVF#7の胚盤胞-2・異数性

グチャグチャ!

ただバックが非常に高い(隣接する各点の上下の振幅が他のデータと比べて明確に大きい)ので、(採取できた細胞数が少なかったなどの理由で)そもそも解析が正常にできていない可能性が高いのではないかと考えられる。だからといってコレを積極的に移植に回そうという気はしないけど。

なお、6個以上の異数性(=カオスと呼ばれる)の結果だった場合は、再検査で38%が正倍数性だったとの報告もある。ということは、もし正倍数性の移植が全て失敗した場合にはこの受精卵を再検査するのも案外手かも?(*やってもらえるかは不明)

ただ一番ズレが大きいChr22は流石にトリソミー臭いか。

 

 

IVF#8の胚盤胞-1・異数性

見事なトリソミー&モノソミー。けどバックグラウンドのゆらぎはIVF#7-2と同じくらい高め。

 

 

IVF#8の胚盤胞-2・異数性

やはり異数性は大きい番号のChr(より小さい染色体)に起きやすい傾向があるんだな。

 

 

IVF#8の胚盤胞-3・異数性

おしい!

 

 

IVF#8の胚盤胞-4・正倍数性

またもや結構デコボコしているが正倍数性との判定。

薄目で遠くから見ても直線には到底見えない。つまりこんなものなんだろう、きっと。

 

また、モザイク(異数性の細胞が混ざった胚盤胞)判定は全体の2-13%程度しかないものの、実際には最大で50%程度も存在するという報告もある。これはつまり50%程度の結果においては、検査に用いたわずか数個~10個程度の細胞中に異数性細胞がどの程度の割合で含まれていたのかという単なる偶然によって(モザイク判定や)デコボコ感が大きく変わるということを意味しており、基準値以下のデコボコに関しては余り気にしても意味がない(これがPGT-Aの限界な)のかも知れない。

 

 何か傾向はある? 

結果に影響を与えた要素が何かしら推測できればと思いこれまでのIVFをまとめてみた。

 

 

これまでの結果一覧

 

左側がIVFの一覧、右側が方法ごとのまとめ。

統計的には差がないとされていたが、少なくとも我々の場合はふりかけ法だと顕微授精よりも胚盤胞に至る割合が5倍程度と非常に高い傾向があった(13% vs 64%, n=4-6, t-test p<0.001)。

また、一見すると自己注有りの低刺激よりも無しの低刺激の方が胚盤胞に至る割合が高い傾向がある様に見える(36% vs 60%, n=2-4)。ただこれは受精法ごと分けて見ると単に顕微授精で胚盤胞に至る確率が極端に低かったことを反映しているだけであり、自己注かつふりかけ法の場合は64%が胚盤胞に至っており、自己注無しの低刺激の60%とほぼ同等であった(n=2-3)。

また、平均採卵数は自己注無しの低刺激よりも有りの低刺激の方が多い傾向がありそうだった(2.5個 vs 5.5個, n=2-4)。

 

PGT-Aの正倍数性確率は9個中3個の33%だった。これは平均年齢39歳の日本の大規模臨床試験で胚盤胞全体の26%が正倍数性とのデータより高いものの、年齢はそれ以上行ってるし、2度連続で流産してる(内少なくとも1回は異数性が原因と判明した)ことなどを踏まえると単に運が良かったためであろうと推測される。また、採卵あたり得られた胚盤胞数は1.5個であり、大規模臨床試験研究の1.54個とほぼ同等であった。

 

これらの結果を踏まえると、ふりかけ法を優先したこと、ふりかけ法に必要な精子の質の改善をしたこと、自己注ありの刺激法を選んだこと、PGT-Aのくじ運がやや良かったことが正倍数性の胚盤胞が複数得られたポイントだったのであろうと推測される。

 

 

ともかく、一大事だった採卵イベントは何とか無事終了する運びとなった。

今後は・・

 

着床するか、正常に発生するか、生まれてくるか、障害はないか、ちゃんと育つか、(パパを反面教師に)ちゃんと仕事に就けるのか・・等々

 

イベント(と心配事)はまだまだ無限の様相だ。

 

 

(つづく・・)

コメント