みんなのクレジット、超注意!(17/3/26)

file0001852019386.jpg70万円も出資してもうた!オワタ、、、

 
 

 勧告も色々だがみんクレは指摘内容がやばい! 

 
2017年3月24日付で、「みんなのクレジット」証券等監視委員会から「勧告」が出されました。思い起こせば2015年、ソーシャルレンディングの老舗の一角、クラウドバンクにも勧告が出され、数ヶ月間営業を停止していたことがあります。その際は「適切な管理ができていない」といった内容で、その後改善したとの判断から現在では問題なく営業が行われております。
 
しかし、今回のみんなのクレジットの問題として指摘された内容は少々過激です、、、、
 
(1)金融商品取引契約の締結又は勧誘において重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
ア 貸付先について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
イ 担保について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
 
要するに、案件では様々な出資先が有るように装っていたが、実際の貸付は大半が親会社返済に別のファンドの出資金を当てているケースもあったとのこと。即ち自転車操業を疑わせる行為まで指摘されています。担保も無いか無いに等しいのに有るように見せていたそうです。
 
(2) 当社の業務運営について投資者保護上問題が認められる状況
ア ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充当されている状況
イ 当社のキャンペーンにファンド出資金が充当されている状況
ウ 白石代表がファンド出資金を自身の借入れ返済等に使用している状況
エ 甲グループの増資にファンド出資金が充当されている状況
オ ファンドからの借入れを返済することが困難な財務の状況
 
キャンペーンは出資金から出していたり、ファンドの出資金を他のファンドの返済に回していたり、社長が自分のお金にしていたり、しまいには返済できなそう。とのこと。もともと義務である源泉徴収を監査が入るまで怠っていたり、問い合わせもスールーだったり、かなりいい加減な業者であるという印象でしたが、今回の件が真実だとすると「みんなのクレジット」は詐欺まがいの行為をしていたということになりそうです。
参考)http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2017/2017/20170324-1.htm
 
 

 みんクレの反論 

 
個人的には募集内容と実際の投資が全く異なっているのですから、みんクレの行っていた行為は詐欺行為に相当すると思います。だとすると不当契約なので契約破棄できるものなら今からでもしたいですが、HPに反論が記載されているだけで、なんとミンクレの投資家の一人であるTochiには一切この件に関して直接連絡は来ておりません。気がついたのは、他のソーシャルレンディング事業者から、うちは大丈夫という内容のメールからでした!益々不信感が募ります。
 
取り敢えずみんクレの反論を見てみます。170324_gyouseishobun1(2)111.jpg まとめると、
 ・しっかり運用します
 ・社長が流用していた分は返しました
 ・財務状況は問題ありません 
とのこと。そんなアタリマエのことを出来ていなかったのだから、今更ちゃんとすると言っても到底信用出来ません。 
参照)https://m-credit.jp/news/detail/?nid=188
 
 

 悪いのは規制 

 
そもそも、ソーシャルレンディングでは借主やその詳細を明記することが監督行政機関の指導により出来ません。ですので、投資家には案件の実在や信頼性を評価する術が一切ないのです。これを逆手に取れば、借主を明記する必要が無いのだから、架空の借主で案件を作成したり、投資資金を自転車走行の資金に使ったりする悪徳業者(*みんクレがそうだとは言っていません)が出てくるのは至極当然のことと思えます。規制が詐欺行為を助長しているのです。
将来的なソーシャルレンディングの発展のためには、規制の根拠となっている「貸金業法」を改正ないしは運用の変更をしていくしか無いのではないかと思います。
 
 

 現状でできる身の守り方 

 
流量していた金額や、運用状況などの詳細がわかりませんので、みんなのクレジットがどうなるのかは今後の成り行きを静観していきたいと思います。ただ、少なくとも新規に出資する対象として現状ではとてもじゃないけれどもオススメ出来ません。ソーシャルレンディングはまだまだ日本では出来たての投資です。ですから業者ももちろん玉石混淆であろうと思われます。監査や口コミでいずれは悪徳業者は駆逐されてくると思いますので、今のところは最近起業した事業者を一切使わないというのも有効な選択肢ではあります。少なくとも安心できそうな複数の事業者に分散投資」し、「案件も分散投資」が必須と言えるでしょう。
 
=2017.3.26追記=
FX投資家、みんクレ大口投資家の幸福賢者様が「みんクレ被害者の会」を設立致しました。いきなり訴訟云々ではなく、まずは意見交換を行うのが趣旨とのことです。
ご興味のある方は「貴方を幸福にするFXブログ」を御覧ください。なおTochi、(何か面白そうなので)即参加しました!
事態は思ったより深刻なようで、4月に計画倒産して逃げるつもりではないか。資産の取り押さえは可能なのか。等々活発な議論がかわさせております。個人的には取り半でウシジマくんに頼めばいいじゃん!?と思ったのですが、流石にそういうおちゃめな雰囲気は一切ありませんでした (。-_-。) 
 
関係ないですが、やっぱり、”みんなの△□”という名称を付けるセンスは相当ヤバイ物であったことが改めて証明された形になりましたね。国民や投資家を初めから馬鹿にしている名称に感じた方も多いことでしょう。しかも「みんなのクレジット」ではなくて実体は「おれのクレジット」だったとは!「光秀、いい加減にせい!」
 
伊藤忠商事が資本参加の安心感。海外への分散投資ならここが一番!Tochiも投資予定です!

世界の信用市場をひとつに、海外投資ならクラウドクレジット

"一本勝ち"のヒットメーカー、CYさんによる2018年の新作。本年勝率は何と100%、収益率40%!Tochiも早速運用開始!上がり3ハロン

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)

コメント

  1. 幸福賢者 より:

    みんなのクレジット被害者の会を設立しましたが、参加されますか?

  2. Tochi より:

    幸福賢者様
    ご連絡いただきまして誠にありがとうございます。
    取りあえずは掲示板での情報交換のみとのことですので、早速参加させて頂きます!
    なお、みんクレの投資家で本件にご興味のある方は、以下のアドレス(幸福賢者様のブログ)
    http://valuablefx.blog.fc2.com/
    にて参加のご検討を頂ければ幸いです。

  3. みんクレ詐欺被害者 より:

    私はみんクレへの出資者ですが、詐欺と考える事が妥当なのではないかと思います。
    少なくとも、怪しい所を突くと、電話番の女が「アンタの対応をしているのは時間のムダなんだよ!!」とキレ始めたので、マトモな会社では無いのかもしれません。
    被害者の方は、以下の関東財務局が下した処分結果をプリントアウトして保管しておく事を推奨します。
    http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp032000621.html
    以下は、私個人の見解ではありますが、
    >悪いのは規制
    >「そもそも、ソーシャルレンディングでは借主やその詳細を明記することが監督行政機関の指導により出来ません。ですので、投資家には案件の実在や信頼性を評価する術が一切ないのです。」
    と言うのは、捉え方次第では、YesともNoとも言えないと思いますね。
    1.この事案に関しては「金融商品取引法」では、出資先を明示する事が義務付けられ、「貸金業法」では出資先の匿名性を保持しなければならないという状況だった。
    2.みんクレは、9割を自社グループ会社に出資し、その出資先を「"貸金業法"では出資先の匿名性を保持しなければならない事」を理由に隠蔽した。
    3.※重要→監督官庁から、上記2の問題について指摘を受けている。
    4.しかし、みんクレは「"貸金業法"では出資先の匿名性を保持しなければならない」のだから、出資先は秘密にして良いじゃないか? と主張し、出資先を投資家に隠し続けた。
    5.それを良い事に自転車操業を始めたと考えられる。(貸金業法を根拠にすれば、自転車操業してもバレないと考えたようだ。)
    6.みんクレは否定しているようだが、自転車操業である根拠は、H28・5月~11月の期間は毎月多額の赤字を出していた(ソースは関東財務局)にも関わらず、運用益を配当していた事。(赤字なのに配当という事は、その金は何処から? と言う話ですね。 みんクレの公式発表の「黒字化するまでは報酬を受け取らない」のくだりは騙されてはいけない論点のすり替え。)
    7.出資先の9割は自社のグループ会社だと言うが、担保となる有価証券というのも仮に自社のグループ会社の有価証券だとすれば、もはや担保価値も保証出来ないと思われますし、中には未公開株まで担保としての有価証券としていたという。
    みんクレ側から29日には営業停止の解除が見込まれ、今後の手続きをどの様に進めるのかを通知する旨の回答を頂いたが、ここまで自社の都合の良い選択ばかりを繰り返し、出資者を騙した会社を信用出来ますかね?
    私は、以前も投資信託にによる詐欺被害に遭ったことがあるが、この会社とやり取りした所感で言うと、9割方詐欺会社と考えて間違いないと思われます。
    4月29日より前までに、正式な発表が行くらしいので、余計にメンタルを病みたくない人は、待っていても良いのかもしれないけど、それ以上にみんクレに対する不信感を抑えられないのなら、電凸しても良いのかもね。
    相手は詐欺師だろうから、踏み倒して逃げる方法を必死に模索中なのかもしれないが。

  4. Tochi より:

    鋭いご指摘頂きまして感謝いたします。
    実際に動かれていらっしゃる方が詐欺かもと思うようならばやっぱり詐欺なんでしょうね~。
    そろそろ法的手段に訴えるものかどうかを決断しないと手遅れになりそうにも関わらず、しかし考えるのもイヤで放置しまくっておりました。反省。。
    せめて、幸福賢者さんなどの高額出資者の方だけでも法的手段によってレスキューされてほしいものです。