みんなのクレジット、遂に倒産か?

7/28に償還(返済)が行われるはずだったみんクレへの投資35万円は7/30になっても遂に償還されませんでした。。。

先月もドタバタして一部遅れたりしたようですが、今月はどうもそれどころではない様子。つい先日もクラウドポートで全額担保有りと表記されていたものが、実は15 %しか担保設定されていない事が明らかになりました。いよいよヤバいのか?

そんな中、7/30になってようやくみんクレから一通のメールが届きました。その内容は、、、

 償還停止のいい訳 

「7月27日に一部の投資家様(23名)が弊社融資先に対して直接的回収行動に入られたため、融資先における不動産売買決済や融資が一時停止し、・・・(途中省略)・・・融資元金の償還は一時的に停止するとの通達が届きました。」

とのこと。Tochiは全額でみんクレに70万円の投資をしておりますが、みんクレ問題が発覚した当時、弁護士費用(ex; 手付金+一定割合の成功報酬)を考えると弁護士費用のほうが取り戻せる額よりも多くなると予想したために依頼しませんでした。

弁護士は別に正義の味方ではありませんので高額な費用がかかりますし、数百万円は投資していないと割に合わないかも知れません。また、保全額がたった15 %ということは、仮にそれを取り戻せてもたかが知れているかもしれません。

とは言え、実際に行動に起こした人は大半を回収でき、それ以外の人は殆ど回収できないという可能性も充分に有りえますが、不正に合ったにも関わらず損得を優先して行動を起こさなかったのは自分の責任。行動を起こした方々には是非とも、みんクレ及び親会社(ブルーウォールジャパン)、みんクレの白石元代表にしっかりと責任を取らせて頂きたいと願うばかりです!

 みんクレの脅し 

詐欺まがいの行為をしてきたみんクレに対し、高額な投資をしている方々が裁判などの手段で資産保全を図るのはしごく当然のことです。ちょっと信じがたいのは、みんクレのメールの中のこの文章です。

「今回の一部投資家の方々による弊社融資先へのアクションによって融資先の決済等の業務に支障をきたし、結果今回の他数千人の投資家様への償還や配当に極めて多大な悪影響をもたらすこととなりました。このことは、最悪の場合アクションを起こされた方々が逆に法的対応の対象となり得る可能性も不本意ながら生じます。くれぐれもご留意いただきますようお願い申し上げます。

自腹を切って行動を起こした投資家の資産保全に対する動きに対し、逆に訴えるぞ!と脅すような事を言うなんて信じがたいことです。まともな企業であれば真摯に謝り、投資家の正当な要望には進んで応じるのが当然と考えます。何故ならばこの原因を作ったのは全てみんクレ(とブルーウォールジャパン)だからです。

この一文は、反省など全くなく、詐欺まがいの行為は当初からの計画だったという疑念を確信へと変えるに足る内容であると感じました。

頑張れ行動した投資家たち! (`・ω・´)/

いずれにせよ、もう投資したお金は戻ってこないんだろうなぁ。。。(*´Д`)ソーシャルレンディングはマジ危険なので十分に気をつけて下さいませ

MT4 EAの最大手、fx-onの売れているEAランキングBEST30はこちら!

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)