2017年のFX損益を振り返る +795万円

焦りが募ります。もう3月に入り、2018年も早くも1/4以上が過ぎ去っているのに去年の損益すらまとめておらず、今年に入ってからはFXで大きな損益を出しただけ、IPOは全く手を付けず、コインチェックも見てるだけです。

喫緊は確定申告。3/15が締め切りです。ヤバイーーーー

というわけで、まずは2017年のFXの損益からチャチャッとまとめていきたいと思います。

 ループイフダン 

ドル円は余り動かない年でした。年初にインヴァスト証券で売りのループイフダン(トライオート)、その後は手動で買いのループイフダンと裁量をスワップポイントで有利なDMM証券でやっておりました。年間取引報告書は送られて来なかったので損益をWebで確認。その結果、、

インヴァスト証券 +144万円(含み損0円)

スワップポイントが何故かプラスです。一部ユーロドルもやっていたためでしょうか?”その他”はキャンペーンなので雑所得ではなく一時所得扱いに、、し忘れました(泣)書き方紛らわしすぎっ

DMM証券 +579万円(含み損200万円オーバー)

ここから含み損が膨らんで600万以上になってから損切りしましたので2017年、18年通算でマイナスですね。。申告分離課税の約20%を考えるとかなりのマイナスになります。切っときゃよかった含み損!!!

 スキャルピング 

30分くらいで売買を繰り返すスキャルピングをMT4アプリを使ってOanda東京サーバーで行っておりました。なんせチャートがかっこいいから!

OANDA-Japan MT4のドル円チャート1分~日足

売買のタイミングを教えてくれるIndicatorなども用いましたが、結局はコツコツドカンとなり、難しかった印象でした。今年はチャートを見続けるのがもう嫌なのでやる予定はありません。損益はOANDAのホームページにて確認!

Oanda +19万円

+19億円かと思ったらピリオド(.)が変な位置にあるのね。。。意外にも単体で利益を上げておりました。

 自動売買(MT4) 

2017年は自動売買に力を入れました。現在も自宅のノートパソコンで24時間走らせております。

取引履歴は、サイドバーに貼ってある

 「一本勝ち」

 「Scal USDJPY」

 「WBZ ONE」、それらの取引を別口座にコピーをしてテストしている

 「コピートレード」などです。

その他、個人のFXトレーダー

 「SESOさんが運用されているEA」も少額運用しております。詳細は伏せてほしいとのことなので履歴などは公開しておりませんが、ご興味のある方はGoogle先生などにお問い合わせください。

MT4EAは国内FXの外為Finest、Oanda東京、海外FXのAxioryとTTCMで運用しております。海外の場合は総合課税の雑所得で累進課税となることから税制的に不利になるので現在は国内をメインにしています。ただ、MT4は国内で取り扱っている業者は少ないですし、レバレッジ規制などでこれ以上国内が使いにくくなる様ならサクッと乗り換えます。

損益はMT4の口座履歴で確認します。

国内 +52万円

海外 -3万円

といった結果でした。それぞれのEAの成績やコピートレードの実績などもいずれ、、、、検証してみたいと思います。

よって、2017年のFX損益は、

 合計 +795万円

となりました!

4年連続プラス収支!4年間プラスということでFX個人トレーダーの11%に入りました!しかし5年間連続となるとわずか1%とのデータも。この1年はかなりの正念場です、、、しかも-600万円スタートで、もう3月。今年は無理ゲーかな (´;ω;`)

ループイフダンは儲かるのか?(58人分の検証)
ループイフダンは正式にはiNet証券が提供するイフダン(売りと買いの指値を同時に注文する)を特定のレンジで繰返して行う注文方...