アーリーリタイアはいつ始めるのがベストか?

「こんな仕事じゃ嫌だ!」とか、「これがしたいんだ!」とか、理由は様々でしょうが、将来アーリーリタイアをしたいと思っている方は少なくないと思われます。

でも事が事だけに「今でしょ!」ってわけにもいかないのが大人の教養。(Tochiの場合勢いだけでしたが、、)どんなことを考えたらいいのでしょうか?

 我を知る 

ほわーんとした憧れって具体化すると案外アレってなることが多いもの。直ぐに脱獄してしまう新人さんが多いなどはそのいい例だと思います。

アーリーリタイアも同じかも知れません。ほわーんとイメージするのもいいですが、たまに具体的に「何をどうしたいのか」とか、「なにが必要なのか」などを書き出してみたり本を買って読んだりすると自分の知らなかった欲求や本気度が見えてくる様に思えます。

 敵を知る 

アーリーリタイアってどんなでしょうか?人それぞれといっても99.9 %以上は同じ遺伝子配列。似た部分も多いはず。今度は相手を具体化する版です。意外に情報が少ないですが、アーリーリタイアしている人は割と暇なので(汗)ブログなんて探すと結構あります。「にほんブログ村」のセミリタイアカテゴリなんて色々な人の汗と欲望と怠惰にまみれてます。

 シンプルに考える 

あれもこれも大切だから。が本当でしょうが、一緒くたに考えるとなにも決められません。アーリリタイアも同じです。そんな場合は色々な欲求を分けて考え、なにが一番大切なのか考えてみるとアーリリタイアしようがしまいが腑に落ちるように思えます。

プライドなのか、お金なのか、夢か、ちぼーか、自由か、アイか。十人十色、千差万別、人それぞれ。さて、あなたはどっち?

 シュミレーションする 

いつすべきか、いつが最適なのか?これも重要な問題です。問題はお金だけとは限りません。社会人としての目標をどこまでやりたいと思うか、そんな事はどうでもいいのか。

今すぐにした場合、あと10年経ってからした場合、定年間近まで頑張った場合、定年まで頑張った場合、色々なケースを妄想してみるとお金や社会人としての目標設定にある程度有効かもしれません。

一般的には早いほうが体力も元気も残っているのでやれることや楽しいことが多いだろうし、遅いほうが社会的な目標の達成や金銭的な余裕を持てる可能性が高いと考えられます。

個人的には、金銭的には数年程度生きられる余裕があればいいかな、と思っています。年金と健康保険で年間30万円程度(地域などによって異なります)、生活費で月間12-3万円あれば生きていけるので、年に180万円くらいかな。今の所これで十分なので、投資で儲かればラッキー、もし底を尽きたらバイトでもすれば何とかなるだろうという激甘ちゃんな考えで生きてます。

実際、5年前にまさか5年後にアーリリタイアをしているなんて想像もできなかった訳だし、だったら5年後にはアーリーリタイアにらすっかり飽きて猛烈に働きだしているなんて事もあるかも知れません。天気予報もそうですが、遠すぎる未来のことを予想することは世界最高のコンピューターにすら出来ないことです。ましてや凡才のTochiが遠い未来のことを予想して心配しすぎることはおこがましい行為、もしくは非合理的な考えだと言える気がします。今と少し先の未来。これが身の丈に丁度いいです。

 不安は友達 

お金は普段の生活よりも、いざという時に必要になるもの。アノネ、癌になって重粒子線治療が必要なの。とか、交通事故を起こして弁護士費用と損害賠償費用が発生したのとか、引っ越すからとか、犬がほしいからとか。

だからいくらあったら絶対安心!ということは実際の所、無いように思えます。生活は出来ないといけませんので、下限は明らか。生活費です。上限はそれこそ稼げる範囲の∞(無限大)。安心が一番大切だというのなら、それはどうしたって稼ぐべきです。

一方で、最近は終身雇用なんて言葉も死語になりつつあるような社会環境です。仕事はちゃんとやっていても、人間関係で嫌になったり、病気を口実にクビになるかも知れません。そもそも数年で任期が切れるような職種も増えてきました。働いている方が金銭的な安心感は高いですが、それ以外の不安は多いかも知れません。

突き詰めれば不安は未来の不確定性に対する恐怖です。恐怖は死に対する本能的な感情です。だとすれば、生きている以上不安は避けられないし、アーリリタイアしようがしまいが完全に安心することは難しく、どっちも不安は大して変わらないのかも知れません。

不安くんは好きじゃないケド、一応トモダチ、、。くらいの関係が一番いいのかも?

ちなみに、Tochiのケースは以下です。参考に、、、ならないですね (^^;)

アーリーリタイアしたらしたいこと(2016年8月ver) 子供が欲しいですと!?
主に金銭的な都合ですが、アーリーリタイアはあと数年~10年程度先になりそうです。 夢の実現には具体的なイメージを持つこと! と...
アーリーリタイア必要資金#2
以前、アーリーリタイアに必要な資金を計算した所、9000万円くらいかな?という大雑把な値を求めたことが有ります。また、夫婦であれば必要な...
アーリーリタイアの家計簿(12~2月分)。お金が貯まりそう!?
アーリーリタイアしてしまうと心配なのはお金です。無くなる稼ぎ。生きて行けるのか? 「だって暇でしょうがないでしょ」と問答無用で家計大臣...
個人の弱点であるプロの情報をリアルタイムで受け取れるメルマガ!無料お試し期間10日間!西原宏一のシンプルFXトレード

フォローする

関連記事 Google's pick(*一部広告を含みます)

コメント

  1. 抹茶 より:

    僕なんかリストラで投資家になったので、タイミングもへったくれもなかったですね(笑)
    もう4年前の話ですが・・。
    休職中にブレグジットやトランプラリーが来て「良く考えたら働かなくても大丈夫じゃね?」と思って、そっから専業投資家です。
    会社員→無職2年→投資家3年目・・って感じですね。
    最初の2年ぐらいは投資家歴としてカウントできるほど収入なかったっすorz

    • Tochi より:

      4年!リタイア&投資家の大先輩ですね!

      正直じぶんは投資家って柄でもないので当分中二病しそうです。

      とは言え、一旦レールをガッツリ外れてしまうとまたあの仕事の日々に戻れるきがしません(笑)

  2. 31歳 ♂kenji より:

    確かに、、ほわわ〜んとしたセミリタイヤへの憧れのまま毎日の仕事と帰宅後のトレードで今後の予定を立てるのを蔑ろにしていたので、、
    具体的にセミリタイヤするまでとした後のシュミレーションをしてみます!
    目標は今年セミリタイヤしたいので!
    (最悪、専業主夫枠)

    • Tochi より:

      kenjiさんこんばんは!

      専業主婦、いま実はほとんどそんな感じですけど超ラクでいいですよ~☆
      ちゃちゃっと午前中に家事をしてしまえば午後は自由時間!
      これなら主婦が暇してホテルにランチに行けるわけです。

      まあ、東京だとおっさんが昼間からフラフラしていると”逮捕”されちゃうそうですが、、、ね♪